ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

STÜSSY PRESENTS: FUJIWARA hiroshi INO hidefumi FW 2017 feat. YUKI &YUNA from CHAI

NeoL_HF_INO_CHAI_1_Photography : Shoichi Kajino

これまでアコースティックライブやアルバム制作を通じて共演を重ねてきた藤原ヒロシと猪野秀史のふたりに、海外からも熱視線をそそがれるCHAIのベース・ユウキとドラマー・ユナを加えた新たなバンド編成で臨むライヴツアー「STÜSSY PRESENTS: FUJIWARA hiroshi INO hidefumi FW 2017」。新規メンバーを迎えたバンドのムードとライヴの内容を聞くべく、都内某所で行われたリハーサル現場を訪れた。

——今回のツアーは初のバンド編成ですよね。CHAIのおふたりを迎え入れるきっかけは?

藤原ヒロシ(以下HF)「誰の紹介だったかは忘れましたが、鳴り物入りで入ってきました。何組か推薦してもらったのですが、第一印象で」

——音を聴いてピンときたんですか?

HF「ほとんど聴かずでしたね。アー写も見ていないです。アー写はあるの?」

ユウキ「あります。結構ヤバい」

ユナ「ムチムチさを出しています」

HF「(アー写を見て)あはは」

ユナ「笑ってくれた!」

HF「先に見ていたらお断りするところでした(笑)。でも噂は聞いていました。ライヴがいいと」

——うまいと?

HF「“いい”と聞いていました(笑)。でもうまいですよね」

INO「僕はアー写を見ましたよ。ピンクのレオタードっぽい衣装を着て踊っている映像を観て。僕はヒロシさんとは逆で、いいなあと思いました」

HF「(笑)」

INO「音もその後に聴いて、すごく良かったです」

HF「CD、良かったですね」

——2nd(『ほめごろシリーズ』)ですか?

HF「そう。僕のことをディスられているんだなあって」

ユウキ&ユナ「違う違う違う! ヒロシさんはセコ・メン(セコいメンズ)じゃない! 3B(バンドマン・美容師・バーテンダー)じゃないです!」 

——バンドマンですから残念ながら3Bです。ただあの曲(“ボーイズ・セコ・メン”)はセコ・メンをディスってはいないんですよね。

ユウキ「そう。格好いいから好きになっちゃうのも仕方ないよね、ドンマイって曲です」

NeoL_HF_INO_CHAI_2_Photography : Shoichi Kajino

——ユウキさんとユナさんは、ヒロシさんとINOさんのことをご存知でしたか?

ユナ「名前しか知らなくて、とりあえず『すごい人だ!』という印象でした」

HF「音楽的には後輩みたいなものだから。INOくんは音楽畑だからCHAIからしても先輩に当たるだろうけど、僕は事務所に入ったのも遅いし、常にみんなのことを兄さんだと思っています」

ユウキ&ユナ「後輩!? とんでもない!」

——という複雑な上下関係があるわけですね(笑)。おふたりの音は聴きました?

ユウキ「お話をいただいて、調べまくりました」

ユナ「YouTubeも観て、バキバキしているCHAIと全く違うので、『あ、心地いい』と思って」

——CHAIとは音楽性が違うということですが、さきほどリハの様子を拝見させていただいて、わりとバキバキのほうに寄っているのかなと思ったのですが。

INO「バキバキですよね」

HF「ダンス寄りで、いままでの僕らとは違う感じかもしれないですね。エレキギターはほとんど弾いたことがなかったので」

INO「これまではドラムじゃなかったですしね」

HF「うん、前はショウくん(OKAMOTO’S)がパーカッションをやってくれていて。でもこのセッションでは、僕らはCHAIの影響下にあるんです」

ユウキ&ユナ「いやいや!」

NeoL_HF_INO_CHAI_3_Photography : Shoichi Kajino

——では、ライヴは全体的にディスコっぽい仕上がりなんですね。

HF「今回はそういうものが多いですね」

——レコーディング中の新曲もライヴで演奏される予定ですか?

HF「何曲かやります」

——新曲もディスコ・テイストのものが多かったですが、いまのモードがそうなんですか?

HF「今回はバンドなので。あと、若きエネルギーが入ったからじゃないでしょうか」

INO「僕はもっとバキバキにしたいんですよ。ヒロシさんのタイニー・パンクス時代みたいな(藤原ヒロシと高木完により結成されたヒップホップグループ。ビースティ・ボーイズの初来日公演でオープニング・アクトを務めた)」

HF「タイニー・パンクスはバキバキじゃなかったけどね(笑)」

INO「でもそれ以降の藤原ヒロシというとメロウなイメージがあるから、その前の姿を見せたい」

HF「そうだね、生まれて初めてワウペダルを使うし」

INO「僕はワウじゃなくてディストーションを使ってほしいんです。ディストーションはパンクでしょうと言ったんですけど、断られました」

HF「ディストーションは苦手なんです」

NeoL_HF_INO_CHAI_4_Photography : Shoichi Kajino

——ヒロシさんはどういうディレクションでリハを進めているんですか?

HF「あまり考えていないです。セッションしながら『もうちょっとテンポを速めに』とか言っただけで、僕が逐一指示するのではなく、わりと自由にのびのびとやってもらっているんですけど、CHAIのふたりは緊張しているかもしれない」

ユウキ「緊張してます(笑)」

ユナ「私たちは事前に音源をいただいたので、聴きながら考えたものをリハに持ってきています」

——まだ緊張しているということですが、アメリカでのツアーも経験していて度胸はあるおふたりですから、CHAI色をどんどん解放していく感じになりそうですね。

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy