ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新感覚!色に応じて音色まで変えられるフィンガー楽器「Specdrums」が楽しそう

子供も大人も楽しめる新感覚楽器がKickstarterに登場した。もしくは、楽器の概念そのものを覆すことになるかもしれない。それが、指にはめて演奏をする「Specdrums」だ。

・指にはめて色を叩くだけで音色を奏でる

Specdrumsは、指にはめて専用アプリの入ったスマホと連携して演奏するフィンガー楽器だ。アプリ上で色と楽器、音域を紐付けし、このリングでその色を叩くと設定した音色がスマホから流れるという仕組みだ。

シンセサイザーやドラム、ギターなど、あらゆる楽器や音を割り振ることができるため、もはや楽器いらずで誰でも簡単に素敵な音楽を演奏することができる。もちろん専用カラーシートだけでなく、何にでも反応するため、もはやこの指輪があれば身の回りのもの全てが楽器となるということだ。

・オープンソースなのでカスタマイズも自由

Specdrumsはオープンソースでできているため、Specdrumsに対応したアプリを自由につくることも可能なのだ。このリングを用いたゲームを作ってみたり、全く違う音をダウンロードしたアプリを作ってみたりと、可能性は無限大だ。

もちろん設定できるカラーの種類も無限大。バッテリーは2時間もち、Micro USBを通して30分でフル充電が可能という点もありがたい。

また、1代のスマホに10個までSpecdrumsを接続できるので、両手と両足を組み合わせれば、なんともユニークな楽器が生まれそうである。想像するだけでワクワクしないだろうか?

ドラムスティックに取り付けて電子ドラムのようにして演奏するのも良いだろう。また、子供の音楽教育にも使えるはずだ。

一点残念なのが、Specdrumsはまだアメリカでしか注文できないということ。個人的にも大変可能性に満ちた楽器だと感じているため、ぜひ今後日本でも発売してもらいたいものだ。

執筆:Doga

Specdrums/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy