ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ヨーガン・レールの”最後の仕事”を金沢21世紀美術館で公開

1708202
「ヨーガン レールの最後の仕事」 2011−2014 「おとなもこどもも考えるここはだれの場所?」(東京都現代美術館, 2015)展示風景 撮影:TAKAGI Yuriko

2014年に事故で逝去したドイツ人デザイナー ヨーガン・レール(Jurgen Lehl)。
彼の最後の仕事を展示する「ヨーガン レール 文明の終わり」が、金沢21世紀美術館にて開催中。会期は11月5日まで。

ヨーガン・レールは1944年生まれ。オリジナルのテキスタイルやジュエリー、家具や器など幅広いデザインを手掛けた。
晩年には石垣島に移住し、「最後の仕事」として海岸を埋め尽くすプラスチックのゴミを活用し、130以上のランプを制作した。

今回の展覧会では、ランプのほか、長い時間をかけて拾い集めたというインドの瑪瑙石「ババグーリ(Babaghuri)」も展示する。
また、映像やテキスト、写真を通じて、自然やその美しさを愛したヨーガン レールの思いを届ける。

「ヨーガン レール 文明の終わり(Jurgen Lehl The End of Civilization)」
会期:2017年8月5日(土) 〜11月5日(日)10:00〜18:00(金・土は20:00まで)
会場:金沢21世紀美術館展示室5、13
料金:一般1,000円(800円)、大学生800円(600円)、小中高生400円(300円)、65歳以上800円
※( )内は団体料金(20名以上)および前売りチケット料金
休場日:月曜日(8/14、9/18、10/9、10/30は開場)、9/19、10/10

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy