ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 永瀬廉はイギリス系ブランドで上流階級感を演出! 映画『うちの執事が言うことには』衣装コンセプト発表
  • 大人もハマるラブコメ『オオカミ少女と黒王子』廣木監督インタビュー「恋愛映画って一つの成長モノ」
  • 【生放送予告】特殊能力無しでも最強!『アントマン』『キングスマン』新ヒーロー2大特集
  • 詳しくない人大歓迎! 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力を語り尽くすぜ
  • 夏のコミックス原作映画ではサブキャラに注目!? アニメに邦画実写……個性派イケメンが大集合
  • えっ?! 海の中すごすぎ……! 驚愕の海中チェイス!『アクアマン』本編映像が解禁
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 【今週公開のコワイ映画】2016/10/21号:ロブ・ゾンビ最新作『31』、ニコラス・ケイジ主演『ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄』
  • あなたは見抜けるか、それとも騙されるか ソダーバーグ最後の劇場映画『サイド・エフェクト』
  • 『風立ちぬ』
  • 【先行配信】映画『ノー・エスケープ 自由への国境』アルフォンソ&ホナス・キュアロンインタビュー動画到着! 「犬を入れるのは父のアドバイスを聞き入れなかった」
  • 蛭子能収がスクリーンでも大暴走? 『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』がまさかの映画化決定
  • 【写真】映画『X-MEN:アポカリプス』のロンドンプレミアが開催
  • マット・デイモンがまた宇宙で独りぼっち 映画『オデッセイ』で極限の火星サバイバルに挑む!
  • ウホッ! イイ男がいっぱい! 秋の夜長に熱き血潮がたぎるオススメ“野郎”映画4選
  • 『ブラックパンサー』の“ワカンダ王国”が魅力的な理由「監督が実在するアフリカの文化や伝統を徹底的にリサーチ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

モトローラが薄型・軽量になったスマートフォン『Moto Z2 Play』と着脱可能なアクセサリー『Moto Mods』2製品を発表

モトローラが薄型・軽量になったスマートフォン『Moto Z2 Play』と着脱可能なアクセサリー『Moto Mods』2製品を発表

モトローラ・モビリティ・ジャパンは6月20日、Androidスマートフォンの新製品『Moto Z2 Play』と、『Moto Z』シリーズの本体に取り付けて使用できる専用アクセサリー『Moto Mods』新製品2機種を発表しました。

motoz2_2

『Moto Z2 Play』は、『Moto Z Play』の後継機種で、オールメタルのユニボディデザインを採用。前機種と比べて厚さが1mm薄く、重量は20g軽くなっています。

motoz2_3

手をかざすと通知を表示、スワイプで画面サイズを変更、ひねるとカメラ起動など、直感的にユーザーの端末動作をアシストする機能『motoエクスペリエンス』に対応するほか、就寝前にはブルーライトを低減する『ナイトディスプレイ』機能を搭載。

motoz2_4 motoz2_5 motoz2_6

OSにAndroid 7.1.1、約5.5インチ 1920×1080ドットディスプレー、2.2GHzオクタコアCPU、4GB RAMと64GB内蔵メモリー、1200万画素カメラ、3000mAhバッテリー、USB Type-C端子を搭載。本体サイズは約156.2×76.2×5.99mm、重量は約145g。本体カラーはルナグレー、ファインゴールド、ニンバスの3色。6月29日に発売予定で、価格は5万3800円(税別)。

motoz2_7 motoz2_8

『Moto Mods』では、2機種の製品を発表。『Turbo Powerパック』は、3490mAhの専用バッテリー。スマートフォンのバッテリーが減少している際には最大15Wの急速充電が可能なほか、スマートフォンのバッテリー残量を常に8割程度に保ってバッテリーを長持ちさせる『効率充電モード』を利用できます。7月1日に発売予定で、価格は9800円(税別)。

motoz2_9 motoz2_10

『ワイヤレス充電キャップ』は、ワイヤレス充電の機能を追加するカバー。市販のワイヤレスチャージャーに置いて、最大10Wのワイヤレス充電が可能になります。キャッツアイ、グレー、フラワーデジの3色をラインアップ。7月中旬に発売予定で、価格は4680円(税別)です。

motoz2_11

『Moto Mods』は、モトローラのウェブサイトに技術情報や事例が公開されており、ハードウェアの開発キットを購入すればだれでも開発ができるのが特徴。

motoz2_12

発表会では『Moto Mods』のデベロッパープログラムを日本でも展開することが発表されました。今後開発キットの国内での購入を可能にしていくほか、開発関連ドキュメントの日本語化も検討しているとのこと。9月12日には、大阪でアイデアソンを開催。参加者が持ち寄った『Moto Mods』のアイデアやデザインについて、モトローラが実現を支援するそうです。

『Moto Mods』ではもう1点、新製品の投入が予告されたのですが、そちらは別記事でお届けします。

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき