ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「どこでもオフィス」「週休3日制」…ヤフーが目指す理想の働き方とは?

インターネット企業大手のヤフー株式会社は、近年積極的に「働き方改革」に取り組み、新しい働き方を提示しています。2016年10月、新たに本社オフィスを構えた東京ガーデンテラス紀尾井町には、日本最大級のコワーキングスペース「LODGE」を開設したり、全館フリーアドレス制を導入したりするなど、その取り組みはますます加速しているように見えます。

ヤフーで人事戦略に携わるコーポレートPD本部長・湯川高康さんに話を伺い、ヤフーが目指す理想の働き方を探りました。

f:id:tany_tanimoto:20170411121812j:plain

湯川高康さん

ヤフー株式会社 コーポレートPD本部長

2003年採用担当としてヤフー株式会社に中途入社。人事本部にて人事厚生室長、人事企画室長などを歴任。2014年ピープル・デベロップメント戦略本部長に就任。2017年4月より現職。

オフィス移転が「働き方改革」の契機に

——ヤフーが「働き方改革」に着手しはじめたのはいつからだったのでしょうか。

段階的に進めてきているので明確にいつからとは言えませんが、大きな契機となったのは2016年10月のオフィス移転ですね。それまでの東京ミッドタウンのオフィスが手狭となり、2014年からプロジェクトを発足して移転への準備を進めてきました。

——オフィスの移転とともに働き方について検討するようになったのはなぜですか。

ユーザー環境がパソコンからスマートデバイスへと移り変わる中、我々がデスクに張りついて、パソコンを叩くだけでいいのだろうか、という意識変化はありました。部分的にリモートワークを取り入れたり、試験的にタブレットのみで作業する日を設けたり、それまでもトライアンドエラーでさまざまなことに取り組んではいたんです。

オフィス移転という機会に際し、改めてより働きやすい環境や働き方を考えてみようということになりました。移転プロジェクトにはバックオフィス部門だけでなく、デザイナーやエンジニアなど、各部門の実務層から担当者を集め、兼務で取り組むことになりました。

——プロジェクトはどのように進めたのですか。

外部の有識者やパートナーにも入ってもらいながら検討しました。特に時間をかけたのはコンセプト作りです。さまざまなアイデアを検討する上で指針にもなりますから。そうやって生まれたのが(1)オープンコラボレーション、(2)グッドコンディション、(3)ハッカブル、というコンセプトです。

オープンコラボレーションに関しては、2016年11月にグランドオープンしたコワーキングスペース「LODGE」が象徴的なものとなっています。身分証明書さえあれば誰でもコワーキングスペースとして使うことができますし、ほぼ毎日イベントが行われていて、多くの方々に参加いただいています。

f:id:tany_tanimoto:20170411121952j:plain

コワーキングスペース「LODGE」にはコミュニケーターが常駐し、利用者同士の交流を生んでいる。

——先ほど立ち寄りましたが、春休み期間中ということもあって、学生さんたちがワークショップに参加しているのも印象的でした。本当にどなたでも入れるんですね。

今のところ(※2017年4月現在)ドロップイン(1日)利用の無料キャンペーンを行っているので、口コミでどんどん広がってきているようです。普段ならあまり関わることのない人同士が集まり、コラボレーションすることで新たなアイデアやビジネスが生まれることを期待しています。

グッドコンディション、というのはその名の通り、社員にとっていい環境で働けるということ。プロジェクトでは「やたら空気のいい空間」なんていうアイデアも出ていましたが(笑)、実際、ここは見晴らしのいいオフィスですし、私自身も朝、LODGEに併設されているカフェで焼きたてのパンとコーヒーを買って、朝食をとりながらメールチェックをするのが日課になっています。ランチビュッフェやマッサージルームなど、社員が心地よく働ける環境が揃っていると思います。

f:id:tany_tanimoto:20170411122050j:plain

LODGEには社員食堂「BASE17」とカフェ「CAMP17」が併設されている。

ハッカブル、というのはいちばんIT企業らしい言葉ですね。常に進化しつづけるというか、変化しつづけるという意味です。オフィスレイアウトも変更できますし、床や壁などもわざと未完成のような感じになっています。働き方としてもさまざまな取り組みをはじめていますが、いろいろとトライアンドエラーしながら進めていきたいと考えています。

コミュニケーションが活発になる環境と仕組みづくり

——新しいオフィスに来られて、社員の働き方はどう変わったのでしょうか。

全館フリーアドレス制になって、よりコミュニケーションを意識するようになりました。以前は同じチームの社員がだいたい周りにいて、話さなくてもなんとなくわかったような気になっていましたけど、今は本当にバラバラ。約6000人の社員が社内でノマドワークをしている感じです。社内サービスを使えば、該当の社員が今、社内にいるのかいないのか、社内のどこにいるかがわかるようになっていますし、各フロアの混雑状況もわかるようになっています。ですから、誰かと話したい場合はきちんとセッティングしなくてはなりません。

f:id:tany_tanimoto:20170411122212j:plain
1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy