ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Warpaint『Heads Up』Interview

NeoL JP | Photo : Satomi Yamauchi | Edit : Ryoko Kuwahara

NeoL JP | Photo : Satomi Yamauchi | Edit : Ryoko Kuwahara

ナイジェル・ゴドリッチなど大物プロデューサーを起用した前作『Warpaint』に対し、デビューEP『Exquisite Corpse』(2009年)を手がけた盟友ジェイコブ・バーコヴィッチと制作されたニュー・アルバム『Heads Up』。その出来栄えについて、「バンドの進化とも言えるし、ウォーペイントの成熟期とも言えるわね」と彼女たちは自負する。ダンス・フィールに溢れた4人のグルーヴィな演奏、サイケデリックな陰影感を取り込んだ奥深いサウンドスケープ、ロウ・キーなヴォーカル&コーラス……といったウォーペイントの醍醐味が、なるほど、『Heads Up』にはより凝縮された形で表現されている、と言っていい。先日行われた来日公演でも、ヤイエルをオープニング・アクトに迎えて素晴らしいパフォーマンスを披露した彼女たち。一昨年のソロ・アルバム『Right On!』も高評価を得たジェニー・リンドバーグ(Vo/B)、そして、ニュー・プロジェクトが進行中?とも噂のテレサ・ウェイマン(Vo/G)に話を聞いた。

―前作の『Warpaint』では、メンバー各自が曲を持ち寄るやり方でレコーディングが進められたそうですが、今回は?

ジェニー「今回もメンバーそれぞれが曲を持ち寄ったりもしてるんだけどね。ただ、今回は駆け足で曲を作ってるから、それは今までにない要素だったのかも。スタジオにいる時間があんまり取れなかったから、スタジオでガーッと集中して曲を書いて、自分のパートに集中するような。だから、今回はとにかく短期間で集中して作った感じ」

―今回の『Heads Up』を聴いて、これまでのアルバムに増して4人の演奏が密に溶け合っている印象を受けたのですが、そうした制作時のテンションの高さも影響しているんですかね?

テレサ「そうだね。時間が限られたおかげで、かえって集中できてよかったのかもしれない。あとは、今回のサウンドのせいもあるのかも……今まで以上に音が鮮明というか、リヴァーブとかあんまり使ってないから。リヴァーブを入れることで空間的な広がりが出るけど、今回はそれをなくしたことでギュッと凝縮されてるというか、より伝わりやすくなってる」

ジェニー「ダイレクトだよね」

テレサ「うん、直接響いてくる感じ」

NeoL JP | Photo : Satomi Yamauchi | Edit : Ryoko Kuwahara

NeoL JP | Photo : Satomi Yamauchi | Edit : Ryoko Kuwahara

―ダイレクトな音を意識するようになったのはどうして?

テレサ「単純にミュージシャンとして成長したってことなんじゃないかな。より確固たる表現が身についたというか、そのままの自分達を表現したかった。前よりもバンドとして一体感が出るようになったから、その方が自然だったし。もっとクリアに自分達を表現したい願望が強くなったり、自分達が何を演奏するのかってことに対して、より明確に意識的に選択できるようになった、ってことなのかな……どう思う?」

ジェニー「あと、ヴォーカルのおかげもあるんじゃないかな。今回、みんなで一緒にすごく歌ってるのね。リヴァーブの代わりにヴォーカルをいっぱい使ってるし、しかもそれがちゃんと主張してる。ヴォーカル以外にも、ありとあらゆる点において自分達の表現を明確にダイレクトに伝えようとしてるんだよね」

―プロデューサーのジェイコブ・バーコヴィッチとは、デビューEP以来の顔合わせになりますね。

ジェニー「最初、自分達でプロデュースしようと思ってたんだけど、第三者の目が必要だってことになって。ジェイコブは前にも一緒にやってて色々知ってるし、プロデューサーっていうよりも友達みたいな感じだからね。あと、今回はあくまでも自分達で主導権を握りたかったから、知らない大物プロデューサーを呼んでということはしたくなかった。だから、次の目標はセルフ・プロデュースかもね」

―2人に限らずメンバーそれぞれ、ウォーペイント以外にもソロや様々なプロジェクトで活動していますが、そうした経験が今回のアルバムに反映されている部分もありますか。

ジェニー「そうね。メンバー1人ひとりにとって、バンド以外で自分を表現することも大事だし。個人的には、自分1人で作品を作ることで自分の新たな可能性を知ることができたし、それをまたバンドに還元できたことが貴重な体験だった。ただ、それも自然にできるようになったんだよね。昔はバンドだけが自分にとっての表現だったし、少なくとも、私にとってはそうだった。ただ、今はバンド以外にも自分を表現できる場所ができたから、色んなアイデアに対してよりオープンになったし、それを受け入れて表現できる余裕ができた」

テレサ「自分がやってたプロジェクト(※ボス)に関しては、何か実験的なことに挑戦してみようってことで単純に楽しかったんだけど、それをさらに発展させてソロで展開するとか、そこまで大げさなものではなかった。ただ、あそこで経験したことをウォーペイントのシナリオに持ち込めたのはすごく良かった。それにバンド以外の活動をしたとで、改めて自分が一番表現したいのはこれなんだっていう、自分にとってこのバンドがどれだけ大切かを確認できたから」

―そういえば、今回のアルバムについて、ケンドリック・ラマーやQティップとかのヒップホップに影響を受けている、みたいな話をしていましたね。

テレサ「それを言い出したら、毎回(ヒップホップに)影響を受けてることになるから」

ジェニー「あははははははは」

テレサ「前回のアルバムでも同じことを聞かれて、同じことを言って」

ジェニー「新しい作品を出すたびに『何に影響を受けましたか?』って聞かれるんだけど、ヒップホップや今言ったアーティストだけに影響を受けているわけじゃない。それ以外にも色んな音楽を聴いてるし。ただ、インタビューで『今一番ハマってる音楽は?』って聞かれたときに、たまたまヒップホップって答えたらそこだけクローズアップされて、その発言だけがひとり歩きしちゃった感じなんだよね」

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy