体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

MAIKA LOUBTE × UMMMI. “SKYDIVER” Interview

maika_ummmi_1

マイカ・ルブテによる最新楽曲“SKYDIVER”。映像作家であるUMMMI.が手がけた同曲のMVは、まるで短編映画のよう。ノスタルジックを誘う派手な色味とざらついた質感に彩られた、エモーショナルで奇妙な“戦う女の子”の物語を紡ぐこのMVについて、またふたりの間を繋ぐシンクロニシティについて、改めて話を聞いた。

——ふたりはMVの前から知り合いだったんですか?

マイカ「共通の友人にふたりは合うと思うとずっと言われていたんです。でもきっかけがなくて会えずに2年くらいが過ぎてて」

UMMMI.「うん、がっつり関わったのはこれが初めてですね」

マイカ「THE TOKYO ART BOOK FAIRで声かけたりはあったんだけど」

UMMMI.「そうそう。その前日に雑誌を見てて、『この人とこの服の感じがいい』と思っていつかのためにと記録していたのがマイカちゃんの写真だったんです。翌日に紹介してもらって、『あれ、昨日の子だ!』って驚きました(笑)。その後にマイカちゃんが音楽を送ってくれたんだけど、それがまためっちゃよくて、ずっと家で聴いてました」

——マイカさんは以前からUMMMI.さんの作品を観ていました?

マイカ「はい。ネットでいろんなものを観ていると、直感的に判断して、興味がないとスルーするじゃないですか。でもUMMMI.ちゃんの作品は気になって掘らずにはいられない感じがあった。何とも言えないカメラワークや色味の映像があって、さらにストーリーとしての骨格があって、その両方できるというのがすごいなと。切れ味が鋭いカミソリみたいだった。あと、キレイすぎないところが好きだった。汚いものも映したり、映像美の方向じゃないところが新鮮に見えて。私はスパイク・ジョーンズの初期の頃の8ミリの映像にもすごく影響を受けていて、わざとざらつかせるというのが視覚的にも音楽的にも好みなんです。そういうところが合うかなと感じて、声をかけさせてもらいました」

UMMMI.「出会った少し後、たまたまマイカちゃんが撮影で私の家に来たことがあって。その時に家でファットリップの曲を流してたんです。そしたらマイカちゃんが『ああ、ファットリップだ!』って言ってきて。スパイク・ジョーンズが彼のドキュメンタリーを撮ってるんですけど、私はそれがめちゃくちゃ好きで影響を受けてるという話をしたんです」

マイカ「その時のUMMMI.ちゃんの表情が忘れられない(笑)。『ファットリップは私だと思ったんですよ!』って。会って2回目なのに熱く語ってて、すげえ引き込まれた」

UMMMI。「(笑)。それは未だに思ってます。ファットリップってダメなヤツなんですよ。出だしから泥酔して道端でわけわからないこと叫んでて。昔はファーサイドだったけど、それからギャングスタになって、アル中ヤク中になって追い出されて。スパイク・ジョーンズははじかれものとして彼を描いてるんですけど、それは私だったかもしれない人生だと思ったんです。私もモノを作るしかできないからこうなっていたかもって」

マイカ「私もそのドキュメンタリーを知ってて。あの“What’S Up, Fatlip?”って曲がすごく好きなんです。だから印象に残ってる」

maika_ummmi_2 maika_ummmi_3

——“ダメだったかもしれない私”というテーマは、UMMMI.さんの作品の底辺にずっとある気がします。このMVの内容はどういう感じで決めていったんですか?

マイカ「年末にリリースの構想が出て、UMMMちゃんとMVの打合せしたんです。そのときにUMMMI.ちゃんが、『プロレスのリングを作って、マイカちゃんが歌ってる後ろで女性プロレスラーがガンガン戦ってるのどうですか?』って言ってきて。曲のデモを渡してあったんだけど、それを聴きながらキャットファイトの映像を観てたら『めっちゃ合う!』となったらしい(笑)。おもしろそうだし、絶対やりたいと思った」

——部外者だったはずのマイカちゃんが戦いに参加しちゃうのがすごく好きです。

UMMMI.「SNSとかもそうですけど、みんな自分の内側に興味が向かっているように見える。でもそうじゃなくて外の世界にも踏み込め! という感じです。スカイダイビングって飛ぶじゃないですか。身ひとつでガクガクになる。なのでマイカちゃんがリングに登っていくシーンは、身ひとつで世界にコミットしようとする儀式なんです」

マイカ「いじけた人の話なんだよね。自分で自分を小さい部屋の中に閉じ込めているけど、それが外に飛び出すという。パッと観た人にどこまで伝わっているかわからないし、それでいいんだけど、思っていることを具現化できたのは面白かったです」

——あのMVが音楽と映像のパーフェクトな融合をしているのは、さっきのファットリップの話のように根底にお互いが通じるものがあるからかなと。

マイカ「撮影の前にごはんを食べて、その時に色々生い立ちの話とかしたんです。同じくらいネガティヴが根底にある感じとか、そうだよねと頷ける部分がたくさんあって」

UMMMI.「私もあの時に話したのが大きいです。モノを作るときにはなるべく相手のことを全部知って、仕事だけじゃなく、外側も内側も知ると作るものに反映できるなと思っていて。話してみたら、私がイメージしてたマイカちゃんが良い意味でそのままで、なんて言うか、こうであってほしかったマイカちゃんだった。それが大きい」

マイカ「意外じゃなくて、やっぱりそうかって感じだった?」

UMMMI.「うん。デモを送ってもらった後にマイカちゃんのことを色々ちゃんと調べたんだけど、家に籠って自分で作ってるスタイルも、作ってる音楽も、家の写真とか見てても、日本でもなければ海外でもない、どこか都市から離れた場所でモノを作っている感じがして。でも実際は東京にいるという、そのバランス感が珍しい。東京っぽい人も郊外っぽい人も、海外っぽい人もいるけど、そこの中間はマイカちゃんならではだと思った」

マイカ「だから何処にも属せないというのはある。でも属したいわけではないからそのままやってるという。ああ、でもそれは自分ではわからなかったかも」

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。