ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

黒猫チェルシー『LIFE IS A MIRACLE』インタビュー

k-c_0094

2月に4年半ぶりとなるアルバム『LIFE IS A MIRACLE』をリリースした黒猫チェルシー。年齢の割には激シブなサウンドや演奏スタイルは事実だが、それが実際にリスナーの胸を射抜く歌と演奏に昇華されている。やりたいことが伝わることと直結している。再びここから始まる黒猫のストーリーを過去も(ちょっと)振り返りながら展望する。

——4年半ぶりにアルバムをリリースしてみていかがですか?

渡辺「作品の手応えはすごくあって。自信持って、『これ、好きなんだよ』って友達に紹介できるようなアルバムができたなぁっていう風に思ってて」

——反応は耳に入ってきてますか?

渡辺「やっぱ今までを知ってくれてる友達とかファンの人たち、ライヴに来てくれてるような人たちは、『今までで一番いいアルバム』って言ってくれたりもするし。でも、まぁまちまちなんですけど、結構時間が空いてるんで『あ、今、こういう感じなんや』って反応の人もいるというイメージですかね。『変化』っていうものが先に入ってくるというか、変化したことの印象が強いというのも久々に聴いてみようかなという人にはあると思います。それでもスルメみたいに何度も聴いてもらったらわかってもらえるとは思うんですけど」

——このアルバムを聴いて、黒猫チェルシーって芯からミュージシャンなんだなと。そして戦えるフロントマンがいるんだなと思いました。

澤「それはむちゃくちゃ嬉しいですね。4年半ぶりなんで、『じゃあ次はどこに行ったら俺らのアイデンティティは目立つんやろうな?』と。例えば前回のアルバム『HARENTIC ZOO』でいうと、それまでとはサウンドも一新して、外部のミュージシャンに入ってもらったり、プロデューサーのエッセンスやアレンジも作品にすごく影響がありましたし、自分たちにも新しいものであって。そういうところで新鮮味を保っていった部分もある」

——登場時のパンクな黒猫とはガラッと変化した時期で。

澤「それ以降、リリースしてない期間は、ライヴばかりやってたわけですよね。普通、バンドはライヴやってリリースしてツアーしてという連鎖で循環していくものが、俺らはライヴに偏らざるをえないところがあって。で、今回、どういうアルバムになるのかといった時に、やっぱりね、バンドとしてこれからもやっていくことであったり、今まで何をしてきただろうかというのは、この4年半の間ですごく考えたとから黒猫として普遍的なものができた。ある種、ファースト・アルバムみたいなものというか」

k-c_0282 k-c_0141

——改めてファースト・アルバムのような感覚だと?

澤「インディーズの時に初めてCDを出せる時にーーその時はパンクバンドとしてやってたんですけど、自分たちが高校生の時だったり、東京出て来てからもそうですけど、そこの地点での自分たちの固まったものを出すっていう感覚に今回はわりと近くて。そのワクワク感はすごいありましたね。なんか、自分ら、これからずっと絶対やっていくだろうなってことだったり、自分らのやってく音楽というのを今までよりは俯瞰で見れたところはあるかもしれないですね」

——黒猫ってパンクの中にも古いブルースやロックや日本のフォークみたいなものも含まれてたわけじゃないですか。それを今、演じなくてもできるって感じなのかなと思いました。

渡辺「各々が自分のプレイに好きな音楽だったり、いろんなものの影響をちゃんとプレイに落とし込めるようになったと思っていて。ロックっぽいことをやろうとしてやるのって、ロックから離れて行く気がして。ロックというか、自分の好きなものから離れていく気がして。今、僕ら、自然に好きなことができてるから、『自然にロックやってます』というか。見栄を張ってとかじゃなくて、自分のそのままの『俺はこれが好きや』というのを生活の一部のように出せているアルバムができました」

——アルバム・リリースのない間、正直、little voiceとしてNHKの番組に出てるのを観ていたたまれない時とかもあったんですよ。

一同「(笑)」

——皆さん自身はどうだったのかなと。今回“涙のふたり”が収録されていて、ももちろん浮いてないんですよね。

渡辺「朝ドラで曲を作ったのは、むしろ面白がってやっていて。もちろんそうじゃないとやらないというか。それを作る時にも意識してたのは、黒猫としてずっとやっていける曲を作るということ。朝ドラは曲を作るきっかけに過ぎなくて、朝ドラのために曲を作るという意識は一個もなかったんですよ。僕が作りたい、『こういう感じの曲をずっと歌っていたいな』と思う曲が、たまたまドラマの雰囲気にも合っちゃったぐらいの感じで作っていたつもりだったんで」

澤「でも、あれがあったことによって、幅を見せやすくなったっていうのはありますね(笑)。ああいう極端な状況があったからこそ、例えばそのあとの“グッバイ”が来ても、『ああ、はいはい』みたいな感じではあったと思うんです。馴染みというか、慣らしみたいなもんで。前に出したんがベストアルバムで、その中に“サニー”って新曲が含まれてるんですけど、あの時はどっちかというと、とことんシンプルにして原点回帰するという、ある種、そういうところもあって。で、そこからレーベルが新しくなる過程で、黒猫としてのリリースがある前にlittle voiceがあったことで柔軟になった感じはありますよね。それはバンドとしてというよりは、どっちかというとバンドの側(ガワ)っていうか、黒猫チェルシーというものの側の面でですけど」

岡本「そもそも、高校生の時に、高校生同士のトーナメントみたいなんに僕らが出た時もそうだったけど、なんか僕らみたいなバンドがそんなことをやるとか、ロックバンドがこんなことをやっちゃうこととか面白いなと思うし、朝ドラに出るのもそういう環境があることがすげえと思って、自分的には面白がってできましたけどね」

——そうなんですね。岡本さんと宮田さんが蜜のサポートをしているライヴを見たんですけど、その時に本当にこの人たちはミュージシャンなんだなと確認して。

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy