体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

このままではまずい!ニコニコ動画クリエイター奨励プログラムの問題点

※1/28の記事に、様々な修正を加えた改訂版です。

昨年末に、『ニコニコ動画』・『ニコニコ静画』・『ニコニ・コモンズ』への新サービスの1つとして”クリエイター奨励プログラム”が加わりました。これは、人気の出た投稿作品の制作者に対して、ニコニコポイントまたは現金で奨励金が払われるというものです。

端的に言えば、動画やイラストなどの創作活動に、「人気が出ればニワンゴがお金を払いますよ」という話です。これはなかなか画期的なサービスだと思います。YouTube に動画を投稿してある程度再生されると、Google から「広告を載せて収益を上げませんか?」というパートナーズプログラムへのお誘いがきますが、ニワンゴのこのサービスはそれを更に一歩進めたものと言えるでしょう。

「クリエイターにお金が入る道を新しく創ろう」という理念は素晴らしいと思います。ただ、現状の制度やシステムには様々な問題点が見つかっており、“創作者の支援”と”二次創作文化の推進”を目的とするサービスが、逆に創作者を萎縮させ二次創作文化を崩壊させかねないという危惧を抱かせてしまうような状況になっています。

まず大前提として一般的に、権利者の許諾を得ていない二次創作物は、著作権侵害となる可能性があります。また、転載や引用は、条件付きで認められている行為です。ただし、日本の法律では著作権侵害は親告罪なので、権利者が問題としなければ許容されます。そして、二次創作の文化は権利者の”黙認”によって育まれてきた歴史があります。

わかりやすい事例は、二次創作同人誌の頒布です。過去には、ドラえもん最終回同人誌に対し、権利者である小学館・藤子プロは当初黙認していたものの、あまりに広まってしまったために著作権侵害を通告し、二次創作の著者は頒布停止・利益返還して和解したという話があります。東方プロジェクトや初音ミクが同人活動なら基本的に無許可でOKにしていたり、ニコニコ動画で人気のアニメMAD動画が削除されないのも”黙認”です。

そして、どこまでなら許容するかというのは、権利者によって異なります。二次創作や二次利用は一切認めないという権利者もいれば、MAD程度なら宣伝になるから問題としないという権利者もいます。

さてこれらを前提とした上で、『ニコニ・コモンズ』や”クリエイター奨励プログラム”にどのような問題点が指摘されているかを挙げ、その解決策を提示させていただきます。

 

1.クリエイター奨励プログラムの問題点

現状の仕組みでは、無断転載や権利者の許諾を得ていない二次創作物などがクリエイター奨励プログラムに登録され、権利者ではない人が不当に奨励スコア(つまりお金)を受け取ってしまう可能性があります。また、『コンテツツリー』という親子関係によって、権利者が望まない形の二次利用をされてしまう可能性もあります。

クリエイター奨励プログラムに登録するにはまず、『オリジナル作品表明』が必要です。が、登録時に権利者であることを証明する必要ありません。それゆえ、本来の権利者ではない人が無断転載し、『オリジナル作品表明』をしているような事例もあるようです。

人気作品には奨励スコアが配分されますが、受け取りには3ヶ月の猶予があります。著作権侵害ではないかどうかを審査するためです。しかし、その期間内に権利者が気付かない可能性は充分考えられます。また、本来ならば著作権侵害は嫌だけど、勝手に登録されてしまったなら仕方がないと、泣き寝入りするケースも考えられます。

また、クリエイター奨励プログラムに登録すると『コンテツツリー』の親作品として、他の人が二次利用した”子作品”を作ることができるようになります。子作品に人気が出れば『子ども手当』という形で親作品に奨励スコアが還元されます。子作品の作成には猶予期間などありませんので、本来はオリジナルではない作品に対し、勝手に子作品がどんどん作られてしまう可能性があります。

規約上、クリエイター奨励プログラムに登録できるのは第三者の権利を侵害していないオリジナル作品に限定されています。また、一定額以上を受け取る見込みのユーザーについては、規約違反についてのチェックを厳重にするそうです。

ただ、運営の方々の目にも限りがありますし、世の中の著作物を有名無名含め全てを把握することは不可能なので、昨年夏に起きた『スクエニマンガ大賞』盗作事件のようにチェックの目をくぐり抜けるモノが必ず出てくると思います。また、たとえ違反者に奨励スコアが配分されなかったとしても、無断での二次利用そのものが許せないという権利者もいます。

この問題のポイントになるのは、現状のシステムではクリエイター奨励プログラムへの登録が簡単すぎることと、『ニコニコ動画』・『ニコニコ静画』・『ニコニ・コモンズ』に載っている作品がクリエイター奨励プログラムに登録しているかどうかが第三者には判別できない点にあると思います。

権利者が、誰かに無断でアップロードされていないか、自分で毎日チェックするというのは非現実的な話です。しかし現状ではなんと、運営に削除申告ができるのは権利者だけという仕組みになっています。「親告罪だから」という理由だと思いますが、第三者からの違反通報は受け付けていません。

削除申告時には、権利者であることを証明するためのURLなどが必要です。『オリジナル作品表明』は簡単にできてしまうのに、権利者が名乗り出ても簡単には削除されないというのは非常に不合理に感じます。

また、現状は権利者に黙認されているMADや二次利用が、クリエイター奨励プログラムでお金が配分されるなら許されなくなる可能性もあります。昨年12月には、100万円以上を受け取れることになった人が4人いるそうです。もし権利侵害作品がこの額を受け取るのであれば、さすがに許さないという判断をする権利者は多そうです。

さて、ボクがこの問題の解決策として考えたのは、以下の5点です。

『オリジナル作品表明』をする際に、権利者であることを証明するURLの添付などを義務付ける
『オリジナル作品表明』された作品は、運営がチェックした後に子作品が作れるようにする
公開されている状態でクリエイター奨励プログラム登録作品か否かを判別できるようにし、 第三者が運営に違反通報を行えるようにする
誰がどの作品で奨励金をいくら稼いでいるかを”見える化”する
権利者が任意で[権利者公認]マークを付けられるようにする

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。