ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

HTC Sense 4.0の情報が流出、Dropboxにログインすると50GBのスペースが無料でもらえるらしい

「Sense 4.0」と呼ばれるHTC未発表の新しいSense UIについて、PocketNowがそれを試す機会があったとして機能や印象についてのレポート記事を公開しました。存在の証拠となる画像や動画は公開されていませんが、想像では書けない内容が伝えられているので実際に試したのだろうと思います。Sense 4.0の概観は、タイポグラフィー環境が改善され、全体的にシンプルになっていたそうです。端末を横に向けるとUI要素(タブなど)が右側にシフトするなどランドスケープ表示をサポートしていたとのこと。PocketNowの”信頼できる情報元”によると、Sense 4.0を搭載する端末にはGalaxy Nexusに見られるオンスクリーンボタンはなく、また、従来4ボタン構成だったのが、今後は3ボタン構成になるそうです。起動タスクの一覧はWeb OSのCardsライクな3Dビューで表示され、ICS標準のタスク切替画面とは違っていたとのこと。ロックスクリーンは、iOS 5と似た通知の表示機能のほか、To-Doリストやコンタクトリスト、ステータスバーをロックを解除せずに開けるなど、さらに高機能なものになっていたそうです。Eメールアプリはオーバーホールされたようです。PocketNowはそのメールクライアントについて、今のAndroid用メールクライアントの中ではビジュアル・機能共に最も優れているだろうと述べています。ブラウザにも改善が見られ、”Read Later”や”Watch Later”などの新しいブックマーク機能と、ブックマークしたコンテンツにホーム画面からダイレクトにアクセス可能なウィジェットが含まれていたそうです。ゲストモードと呼ばれる機能が新たに追加されていたそうです。この機能は他人に端末を操作させる場合に特定アプリのみを使用できるようにするモードで、このモードの利用中は所有者のデータにはアクセスできないそうです。この機能は”シーン”として提供されるそうです。端末の初期設定画面などでDropboxにログインすると、50GBものスペースが無料で提供されるそうです。Dropboxのスペースは端末の中で一つの”ドライブ”のように扱われるなど、Senseとの連携にもかなり手が加えられているようです。Sense 4.0のアピールポイントの一つになりそうですね。HTCが昨年下半期の端末に導入したBeats Audioは、現在はミュージックアプリだけで機能しますが、Sense 4.0ではサードパーティアプリでも機能するそうです。Sense 4.0は2月に発表されると噂の”Endeavor”や”Edge”に含まれているらしいので、詳細は製品発表の時に明らかになると思います。Source :PocketNow


(juggly.cn)記事関連リンク
スウェーデンで「Optimus L3(E400)」と呼ばれるLGスマートフォンの予約受付が開始
doubleTwist Playerがアップデート、PCツールと同期不要でポッドキャストの購読が可能に
米国でMotorolaの新型タブレット「Motorola Xyboard with Wi-Fi」の販売が開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy