ガジェ通日誌「新人女性記者」「彼岸寺さん」「ネット生放送と台本」「警視庁の人によれば週刊朝日の内容はデタラメで記事は捏造」「取材のときに持っていくもの」

access_time create folderガジェ通
サクマ式ドロップス

トップ写真はサクマ式ドロップスの非常・携帯用。こんなのあるんですね。知らなかった。

新人女性記者

ガジェ通編集部に新人記者さんが入って来ました。長屋綾香さんです。昨年末から新しいメンバーが入ってきてますが、記者やライターとして実績のある経験者ばかりでした。ですが今回はまったくの新人。いろんなことにチャレンジしてもらおうと思っていますので、あたたかく応援お願いします。

長屋さんが書いた記事

彼岸寺さん記事配信開始

縁あって「彼岸寺」さんから記事を配信していただくことになりました。

彼岸寺|超宗派仏教徒によるインターネット寺院
http://www.higan.net/

たいへん面白い読み物がたくさん掲載されているサイトでここで執筆している方の書籍も複数うまれています。記念すべき最初の配信記事はこちらです。

【ITビジネスマンの寺業計画書】お坊さんのカーライフ
https://getnews.jp/archives/161840

ネット生放送と台本

差し入れのカニ

そもそもゲーム実況が主体の生放送で台本の存在は希薄です。先日放送させていただいた60時間ゲーム実況では結局台本ではなく「ルールブック」をつくりました。ゲーム実況ではゲームの展開が予測不能、そしてその予測不能なものに合わせたトークが売りの実況者さん達が沢山集まるわけです。起きること話すことがすべて予測不可能。というわけでスタッフにも予測不能な事態に対する柔軟な対応が必要です。ルールブックには放送のイメージや出演する上でどのように考えて欲しいか、何が自由で何に制限があるかという決め事だけを掲載しました。いわゆる「リアリティーショー」といわれるものに近いのかもしれません。ネット生放送にはいくつかのやり方がありますが、やはり特に面白いのは「一定期間継続する予測不可能なもの」が主軸としてあってそこにユーザーコメント等、外から干渉する余地があり起きている事象に変化がもたらされるものです。ゲーム実況というのはそれらのバランスが絶妙に良い感じなんですね。まぁ、そうは言ってもまったく台本なしで60時間の放送に挑めるスタッフというのもなかなか居ないとは思いますが……これは本当にすごいことだと思います。なかなか他では真似できることではありません。あ、もちろん台本が大事な役割を果たす番組もありますよ!(写真は60時間ゲーム放送のときの差し入れのカニを解凍しているところ)

警視庁の人によれば、週刊朝日の内容はデタラメで記事は捏造なんだそうです

週刊朝日より引用

先日の週刊朝日に、警視庁のガサ入れの情報が事前に漏洩していたと書いてあったので、そのことについて警視庁の中の担当の人に質問してみたら、その週刊朝日の記事は捏造だと言われた、という話です。

週刊朝日には、はっきりと「事前に捜査情報を得ていた」ということが書いてあります。引用します。

 本誌は11月24日早朝から、札幌市の雑居ビル2階にある事務所を、少し離れた場所から注目していた。”ガサ入れ情報”を事前にキャッチしていたからだ。だが、動きはない。昼を過ぎて、空からは小雪が落ちてきた。空振りだったか、と事務所の周辺を歩くと、十数人が乗り込んだレンタカーのバンが止まっていた。
 情報は確かだった。
 彼らは間もなく、本誌が注目していた事務所に入っていった。そして午後4時すぎ、スーツ姿の刑事たちは、続々と押収した書類などを詰めた段ボールを持って外に出てきた。
(朝日新聞出版発行 週刊朝日より引用)
記事全文 http://www.wa-dan.com/article/2011/12/post-227.php

警視庁からマスコミへの捜査情報の漏洩といえば2010年10月に時津風親方に対してNHK記者が家宅捜索の情報を事前に伝えていたという事件が発表され、話題となったことがあります。およそ1年前の出来事ですがまだ記憶に新しい人もいるんじゃないでしょうか。この情報漏洩事件はこのNHK記者やNHK会長まで処分される大きなものへと発展したんですが、不思議なのは、肝心の警視庁側の調査内容が隠蔽されているという点です。隠蔽っていうか調査すらしてない可能性もあります。

そもそも情報管理にミスがあり、情報漏洩を起こしたのは警視庁ですから、本来であれば警視庁内でどこから情報漏洩がおこなわれたのか調査をおこない、しかるべきところできちんと調査結果を公表すべきです。それがおこなわれないのはまったくもって不思議です。

実はこの件に関して、当時NHKにガジェット通信からビデオカメラ付きで取材を申し込んだのですが、NHKからは「そのようなことをおこなっていない(ビデオカメラ付きでの取材受け入れはおこなっていない)」との回答が寄せられました(NHK自身はカメラ持っていろんなとこ取材に回ってるはずなので、意味わかんない回答ではあります)。NHKがトップの処分までおこなってあわてて幕引きをおこなったのは、警視庁に批判が及ばないようにするためなのでしょう。しかし、警視庁からの漏洩ルート解明がおこなわれずにこの件をなかったことにすることはできないと思います。

これも1年前、「sengoku38」氏による「尖閣ビデオ流出事件」では停職12カ月の処分が出されました(その前に本人は退職願を出しています)。公的機関からの情報漏洩は一方でこれほどの処分が下されるにもかかわらず、警視庁はどうでしょう。捜査情報が漏洩してもなんとも思っていないように見えるのですが。それどころか他者に責任を押し付けています。

さて、先日の週刊朝日の話に戻りますが、今回も「ガサ入れ情報が事前に漏洩」していたと書かれています。1年前の時津風親方事件での教訓は生かされず、同じことが繰り返されているように見えます。週刊誌が出てすぐに警視庁の中の人に「マスコミに捜査情報リークしたりしてるんですか?」ときいてみたところ「そんなわけない」との返答でした。そして「ではどこから情報が漏れているんですか?」との質問には「どこから漏れているか、こちらこそ教えて欲しい」との回答。ガジェ通が警視庁からマスコミへの情報漏洩ルートなんて知るわけないですし、知ってたらそもそも質問しないです。

1 2次のページ
access_time create folderガジェ通
local_offer
深水英一郎(ふかみん)

深水英一郎(ふかみん)

トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧