ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

来日迫るYoung Magic、世界各国で撮影した写真を使用したMVを公開

HARRISON-THANE-YM23_web

いよいよ今週末1/28(土)に初来日公演を控える、ドリーム・ポップ・デュオ、Young Magic。彼らの最新作『Still Life』に収録されているリード・トラック「Lucien」の、ベルリンのLuka Seifertによるソロ・プロジェクト、Lukaによるリミックス「Lucien (LUKA Remix)」の音源とMVが公開された。
MVのディレクターは、現在のメンバーであるMelati MalayとIsaac Emmanuelの2人。モロッコ、メキシコ、フランス、チェコ、オランダ、シンガポール、米国で撮影された写真をベースに編集されている。

 

Young Magic – “Lucien” (LUKA Remix):

 

YOUNG MAGIC – LIVE IN TOKYO –
2017/1/28 (SAT) – TOKYO @SOUP
日程:2017/1/28(土)
会場:落合・SOUP (map)
OPEN 18:30 / START 19:00
予約 3,000円(税込) / 当日 3,500円(税込)
詳細・チケット予約:http://www.artuniongroup.co.jp/plancha/top/events/youg-magic-soup/
出演:
Young Magic
Cuushe
Daisuke Tanabe
主催:PLANCHA
HARRISON-THANE-YM23_web

YOUNG MAGIC:
ジャカルタ生まれのインドネシアン・アメリカンのヴォーカリスト、Melati Malayと、シドニー生まれのソングライター/プロデューサーのIsaac Emmanuelによるニューヨークのエクスペリメンタル・ソウル〜エレクトロニック・ドリーム・ポップ・グループ、Young Magic。元々はトリオ編成で活動していたが、現在はデュオ形態となっている。Toro Y Moi、Beach House、Dan Deaconなどを輩出した名門Carparkと契約。2012年にファースト・アルバム『Melt』を発表。メキシコ〜アルゼンチン〜ブラジル、アメリカ〜スペイン〜ドイツ〜アイスランド〜オーストラリア〜イギリスなど、様々な国を股にかけて録音された本作は、アニマル・コレクティヴ・フォロワー的なサウンドをみせ、NYタイムスやBBCで高い評価を得る。2016年に最新作となるサード、『Still Life』を発表。ヴォーカリストMelatiの父の死をきっかけに、故郷のインドネシアのジャワ島に訪れ、家族の歴史を辿り、一ヶ月間か川のほとりの小屋に籠り、約一ヶ月をかけて制作。ニューヨークに戻ってから相方のIsaac、チェリストのKelsey Lu McJunkins、デトロイト出身プロデューサーのErin Rioux、ジャズ・ドラマーのDaniel Alejandro Siles Mendoza等に声をかけ完成させた。これまでの作品にあったトリップ・ホップ〜ガレージ/ダブステップ〜IDMといった要素はあるものの、ガムランのリズムなども取り入れ、自らのルーツとも向き合いつつ、さらに彩り豊かにスケールアップしたサウンドをみせている。今回が初来日となるだけに、そのパフォーマンスは必見だ。
Soundcloud
Facebook
Twitter
Instagram
cuushe_s

 

Cuushe(クーシェ):
京都出身の女性アーティスト。ゆらめきの中に溶けていくピアノとギター、 空気の中に浮遊する歪んだシンセサイザー、拙くも圧倒的な存在感を持った歌声は数々のアーティストがフェイバリットに挙げている。2009年にデビュー 後、Teen Daze、Julia Holterらがリミキサーとして参加したEP『Girl you know that I am here but the dream』を2012年にリリースし、瞬く間に完売。たった3曲の新録にも関わらず、TIMEOUT Tokyoのベストアルバムに選出される。アメリカの人気アーティストSlow Magicが手がけたリミックスがYoutubeでの再生回数約60万回を記録、デビュー作収録の『Airy Me』のミュージックビデオがインターネット上で大きな注目を集める中、2013年全編ベルリンでレコーディングされたセカンドアルバム 『Butterfly Case』を発表。現行のミュージックシーンとは一線を画す独創的な歌世界が絶賛され、Pitchforkなどの海外の主要音楽メディア/ブログで軒並み 高評価を獲得。ファッション界からの注目も高く、デンマークのファッション・ブランドとのコラボレーションや、本国のNYLON Magazine、Fred Perryのウェブサイトで紹介されるなど、そのビジュアルと共に世界レベルで活躍を期待される日本人女性アーティストといえる。2015年4月に待望の新作EP『Night Lines』をflauとCASCINEよりリリースした。
http://cuushe.net/

 

I Love You

 

試聴:
Night Lines
https://soundcloud.com/flaurecords/sets/cuushe-night-lines
Butterfly Case (album preview)
https://soundcloud.com/flaurecords/cuushe-butterfly-case-album
Daisuke-Tanabe

 

Daisuke Tanabe:
千葉県在住の音楽家/作曲家。20代で渡英し、それまでに作りためていた楽曲を当時ロンドンで話題だったオーディエンス参加型イベントCDRにて披露。その緻密な楽曲構成力とメロディセンスで一躍注目アーティストに。同イベント発コンピレーション『BurntProgress 1.1』」に楽曲提供し、そのサウンドが日本へ逆輸入され話題となった。2006年、英国Fluid Ounceレーベルからのソロ・リリースが、ジャイルス・ピーターソンの耳にとまりBBC Radio1 Gilles Peterson Worldwideにて、その年のベストトラックの1曲として選ばれ、翌年2010年、Red Bull Music Academy(RBMA)Londonに日本を代表して参加。帰国後も、Sуnar Barcelonaをはじめ、海外からの出演オファーは絶えず、世界十数カ国でライブを行っている。更に、タップダンサー熊谷和徳の凱旋公演の楽曲制作を担当するなど多岐に渡って才能を発揮。ジャンルや国境を越えてアーティスト達との交友関係が広く、UKの音楽家Kidkanevilと、Kidsuke(Project Mooncircle)を結成。日英のビートシーンに新たな刺激をもたらした。2014年、2ndソロアルバム『Floating Underwater』をリリースし、更に進化した独特の世界観とサウンド・プロダクションを披露。2015年も国内外のフェスティバルやイベントでライヴに招聘され、各国を飛び回っている。釣りが好き。
Soundcloud
Facebook
Twitter
Instagram

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。