ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『たけのこの里 クッキー&ストロベリー』大人な雰囲気をまとった国民的チョコを「いちごの日」に味わう!

いまや国民的チョコレート菓子ともいえる株式会社明治「たけのこの里」から期間限定で「たけのこの里 クッキー&ストロベリー」が発売中。1月15日は“いちごの日”!ということで、今しか食べられない“いちごチョコ”を堪能してみよう。

前品よりいちごの酸味がアップ!さらに大人のチョコレートへと進化

『たけのこの里 クッキー&ストロベリー』(希望小売価格140円・2016年12月発売)のパッケージは、食べきりサイズの袋タイプ。1袋あたり37g入りで210kcal。ちなみに箱型の「たけのこの里」は70g入りなので、内容量は半分程度である。

『たけのこの里 クッキー&ストロベリー』の文字はゴールドで描かれ、いつもの「たけのこの里」よりゴージャスな雰囲気。実は2014年にも同名商品が発売されており、「おためし新商品ナビ」ではこのときも検証している。

 
あわせて読みたい:大人向けの上品な味わい『たけのこの里 クッキー&ストロベリー』でちょっと優雅なティータイムを!

 

比較すると、パッケージの色味など当時より大人っぽい仕様に変更されている。

さらなる違いはいちごチョコ部分。以前は「クリーミーないちごチョコ」という説明であったが、今回は「甘酸っぱいストロベリーチョコレート」となっている。まろやかなチョコレートから、酸味をプラスしたチョコレートに変化したことがわかる。

 

いちご&ココアは相性バッチリ!酸味と甘さの配分は…?

いよいよ開封。袋を開けた瞬間にイチゴの甘~い香りが広がる。サイズは通常のたけのこの里と同じサイズで、クッキー部分がココア仕立てになっている。チョコレート部分は鮮やかなピンク色で、濃いピンクの粒々が見える。

一口食べると、まずは「たけのこの里」のサクッという独特の食感。その後、甘酸っぱいいちごチョコがやってくる。おぉ、なかなかの酸味だ。

続いていちごチョコ部分だけ食べてみると、クッキーと同時に食べた時よりも酸味が強く感じられる。ということは、ココアクッキー部分に甘みがあるということだろうか。

 

試しにココアクッキーだけを食べてみると、甘いっ!!同時に食べたときにはチョコレート部分に甘みがあるのかと思ったが、どうやらチョコレートは酸味担当。甘みはクッキーが担っているようだ。説明には「ほろにがココアクッキー」とあるが、苦みはほとんど感じられず、ほんのりココア風味が香る程度である。

もちろん美味!美味なのだけど…

いつも食べている「たけのこの里」は、「たけのこの里」でしか味わえないクッキーとチョコレートが特長なのだが、残念ながら『たけのこの里 クッキー&ストロベリー』はなんとなくどこかで食べたことがあるような味…。いちご&ココアの商品は多数販売されているだけに仕方ないのかもしれないが、「たけのこの里」という看板を背負っている以上、この商品にしかない「何か」があればさらに嬉しかったかな。

食べた後にもしばらく酸味が残り、大人向けのチョコレートといえる『たけのこの里 クッキー&ストロベリー』はコンビニ限定で販売中。仕事の休憩時間や夜のコーヒータイムに味わえば、リッチな気分でホッと一息つけるはず!

 

関連記事リンク(外部サイト)

『こんがり焼けた たけのこの里/チョコorいちご』大粒で溶けにくいお姉さんな味わいの2品!
『たけのこの里 チョコバナナ』夏祭りの夜、浴衣姿で味わった露天スイーツの味を再現した期間限定商品!
夏祭りの定番がたけのこの里に!『たけのこの里チョコバナナ』
期間限定『たけのこの里 まろやかマロン』は、ほのかに栗を感じるミルクチョコレート!子供も食べやすい風味。
『きのこの山 まろやかいちごミルク』良い意味で想像通り!安心できるおいしさが期間限定で味わえる!!

おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。