ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スチャダラパーBoseがチューニングショップで奇跡のオリジナルカーに出会った!

▲エンジンを載せ替えたS15シルビアと、オリジナルにこだわったAE86レビン。「これほどのコンディションのハチロクは滅多にない」という奇跡の個体です!

▲エンジンを載せ替えたS15シルビアと、オリジナルにこだわったAE86レビン。「これほどのコンディションのハチロクは滅多にない」という奇跡の個体です!

シルビアのエンジンが高いなら、スープラのエンジンを載せればいい!

日本のヒップホップシーン最前線でフレッシュな名曲を作り続けているスチャダラパーのMC、Boseが中古車情報誌『カーセンサー』にてお届けする人気連載「Bosensor」。カーセンサー本誌で収録しきれないDEEPでUNDERGROUNDな話をお届けっ!!

編集部ゆきだるま(以下、ゆきだるま):Boseさん、今回チョイスしたお店はいわゆるチューニングショップですよね。Boseさんにチューニングのイメージが全然ないからビックリしました。

Bose:だよね。チューニングやカスタムの世界って気持ちとしては理解できるけれど僕がそっちで楽しもうと思ったことはないかなぁ。例えるなら“隣のクラスの遊び人”という感じなんだよ。「僕らとは遊び方が違うけれど、楽しそうにやっているのは目に入る」ってね。ただ今回お邪魔するWORKSにはちょっと気になるチューニングカーがあったんだ。

ゆきだるま:どんなチューニングカーですか?

Bose:それはお店に行ってから話すよ。あとおもしろそうだったのは、カーセンサーnetのショップ紹介ページにラジコンサーキットの写真が載っているんだよね。ラジコン好きとしてはそこも見逃せない!

藤ヶ崎社長:こんにちは、Boseさん。どうぞゆっくりしていってください。

Bose:今回はよろしくお願いします。うわっ、やっぱりいろいろなチューニングカーがあるな。

藤ヶ崎社長:うちはチューニングメーカーではありません。今は多くのメーカーさんがいいパーツをたくさん作っています。だからうちはチューニングのセレクトショップとしてお客様にいろいろな楽しみ方を提案しているんです。

Bose:あ、これこれ。僕がおもしろいと思ったのはこのシルビアですよ。外観はほとんどノーマルなのにエンジンルームの中だけ派手にしているんだよね。こういう遊び、アメリカで流行っているんだよ。

藤ヶ崎社長:さすがBoseさん、分かっているなあ(笑)。これはうちのデモカーなんですが、パッと見はノーマル、でもやっているよというのがいいんですよね。コテコテの派手さとは違う楽しみ方です。

Bose:ほんと、こういうノリってアメリカ人が好きそう。それが日本で流行るのも分かる気がする。

▲エンジンルームの中を塗装し、エンジンにもラメを入れてある。「アメリカっぽいカスタムがカッコいいよね」とBoseさん

▲エンジンルームの中を塗装し、エンジンにもラメを入れてある。「アメリカっぽいカスタムがカッコいいよね」とBoseさん

藤ヶ崎社長:見た目もですが、このS15シルビアのポイントは載っているエンジンがスープラの6気筒ってことなんですよ。6発になるぶんフロントヘビーになるのでなるべく後ろに配置。エンジンマウントは当店で作りました。

Bose:えー、そんなに簡単に載せられるものなんだ!

藤ヶ崎社長:簡単ではないですが(笑)。なぜこんなことをしたかというと日本が抱える大きな問題が関係しているんです。日本のスポーツカーが海外で爆発的にヒットしていて、車体はもちろんパーツ類もどんどん輸出されちゃうんです。

Bose:その話はいろいろなお店で聞きますよ。『頭文字D』を子供の頃に読んで「免許を取ったら自分も乗りたい」と夢見ていたのに、いざその年齢になったら相場が高騰していて車が買えないって。

藤ヶ崎社長:日本の車文化を考えると深刻な問題です。S15はSRエンジンの人気もすごいのでどんどん持っていかれちゃうんです。一方でスープラのエンジンは比較的数があるのでシルビアのSRエンジンが壊れちゃったときに代わりに積むものとしてちょうどいいと考えたんですよ。

Bose:ちなみに仕上げると全部でいくらくらいなんですか?

藤ヶ崎社長:これで200万円ちょっとくらいですね。

Bose:へえ、それなら若い子でも手が届かない金額じゃない。

藤ヶ崎社長:なんとか車に興味を持った若い子たちが楽しめる環境を作りたい。そう思って頑張っています。

▲オリジナルのSRエンジンは輸出の影響で品薄になり値段が高騰。どうすれば若者が車を楽しめるか試行錯誤した結果、スープラの直6を搭載することにしたそうです

▲オリジナルのSRエンジンは輸出の影響で品薄になり値段が高騰。どうすれば若者が車を楽しめるか試行錯誤した結果、スープラの直6を搭載することにしたそうです

“レストア”ではなく“オリジナル”で名車をよみがえらせる

Bose:こっちのAE86、見た目はノーマルだけどメチャメチャキレイ。これから手を加えるんですか?

藤ヶ崎社長:いえ、この状態で販売します。カーセンサーnetにも物件を掲載していますよ。これはご年配の方が新車からガレージ保管でずっと乗り続けていた奇跡の1台なんです。

Bose:「ハチロクだぜ!」「峠に行くぜ!」とかではなく、おじいちゃんが普通に乗っていた1台?

藤ヶ崎社長:そう。スポーツ走行とは一切無縁だったものです。しかもディーラーで定期点検をしっかり受けていて、さらにほぼすべてのオリジナルパーツがそのまま残っているという、おそらく現存するハチロクの中でも最高の部類に入るものです。ちなみに走行距離は4.5万km!

Bose:でたーーー!!! 天然モノで博物館級になっちゃった代物だ(笑)。

▲「例えばラジエターを支えるスポンジ。これが劣化せずにオリジナルの状態で残っていることが奇跡」と藤ヶ崎社長

▲「例えばラジエターを支えるスポンジ。これが劣化せずにオリジナルの状態で残っていることが奇跡」と藤ヶ崎社長

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。