ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

仮面ライダーという“異形”を蘇らせた二人 ―― 『仮面ライダーアマゾンズ』白倉伸一郎&小林靖子インタビュー

IMG_8324_f3

2016年4月1日よりAmazonプライムで配信が始まった『仮面ライダーアマゾンズ』。7月からは配信オリジナル版を再編集した“テレビ版”がBS朝日とTOKYO MXにて放送開始された。
『アマゾンズ』はネット配信を主戦場とし、強烈なキャラクター像、人間関係と緻密な伏線、これまでのライダーでは見られなかった大人向けの表現など、多くの話題で特撮ファンを騒然とさせた。異端作でもあり王道とも言える今作を生み出したのはプロデューサー・白倉伸一郎さんと脚本家・小林靖子さん。一体この作品はどのようにして創り出されたのか、両名にお話をうかがってみた。

「結果的に伏線となる」キャラクターの生き方

IMG_8359_f2

―― 『仮面ライダーアマゾンズ』テレビでも始まりました

白倉伸一郎さん(以下白倉P): まず(Amazonプライム・ビデオ用の)配信オリジナル版というのをやらせていただいて、その後テレビ用の再編集をするから、2度見てるわけですよ。すごい構成よく出来てるなと思うんですよね、振り返ると。後半のこれが、ここにちゃんと伏線が張ってあるっていうのが見える。実際は逆なんですよね、結末が決めてあって伏線張ってるんじゃなくて、結果的に伏線になってキャラクターなり物語だったりっていうのが、そっちの方向にいっている。架空のとはいえ、登場人物の人生・生き方にとって非常に重要な「種」みたいなものを、計算なのか靖子にゃん(※小林靖子さんの愛称)はちゃんと植えていくんですよね。

小林靖子さん(以下小林): 計算してないですね。

IMG_8354_f2

白倉P: 今日は褒めますけど(笑)。

―― 今回は13話というくくりでしたが、ある程度の着地点は想定して構成や内容は作られたのですか?

小林: してないですね。最初は(着地点を)作りましょうかという話もあったんですよね。13話しかないから構成表だけでもという。

白倉P: 僕がそれを反対したんです。その気持ちはわかるけど4話くらいまでいってから考えようかって言ったらそのまま来ちゃった。

―― 反対されたのはなぜ?

白倉P:それは小林靖子だから、というのがあるんですけど。正直言うとわからなかったんですよね。水澤悠、鷹山仁、野座間製薬、駆除班と、4勢力あってしかも駆除班は大所帯。全体として「こういうお話ですよ」「こういう展開ですよ」というよりは「世界観をどう構築できるか」というのが勝負なんじゃないかなと思いました。

虫とムシ

白倉P: 番組が特殊なのか、スタッフが特殊なのかわからないですが、割とプロットの段階から“場所”に関しては(小林さんに)ご相談させていただいていました。マンション然り、スクラップ工場然り、研究所もそうですけど、脚本に関わっていただく前段階で具体的な場所、ここで撮影しようという目星がついてから脚本にかかっていただきましたね。

IMG_8372_f2

―― 「対立する2人のアマゾンを主役にする」というのは当初から?

小林: 対立とまではなかったけど「2人」って話でしたよね?あとはアマゾンだから「モグラ」出ればいいなーっていう。

白倉P: モグラはほしいなーと。

―― となるとトンボはヘビトンボ?
(※初代『アマゾン』にはヘビトンボ怪人が登場していた)

白倉P: そういうわけではなかったんですけどね。駆除班がアマゾンを「ムシ」と呼ぶんですけど、コウモリを除くとだいたい虫だよねという話もありつつ、でもその時点で蟻も蝶も製作が進んでいたんです。本来「ムシ」というのは単なるアマゾンを指す隠語であったんですが、このままだと昆虫系限定のイメージになっちゃう。トンボじゃないほうがよかったなぁと後になって思いましたね。

小林: 虫の怪人だから「ムシ」って呼んでるように見えちゃうよね。モグラがいてくれたけど。

白倉P: (トンボは)駆除班のメンバーなので、カッコいい方がいいかなと思ったんですよね。過去だと『(仮面ライダー)ドレイク』『V3』とかヒーローになりうるモチーフでってことだったんですけど、デザイナーに発注して結果的には「しまったー!」と。未だにトンボにしたことを後悔してます。

ニチアサではない脚本

―― 駆除班についてはいかがですか?

白倉P: (駆除班の人数は予定より)増やした…のかな?

小林: 死んじゃう人もいるので。

白倉P: 「ひとり殺そう」って言って。

小林: 結局、悠が駆除班に入るからっていう。でも最初「ちょっとこれ車に乗るには人数多すぎる」って話になって(笑)。

白倉P: 荷物積んだら人が乗れない。「なら2台分乗か…いやいやタクシーじゃないんだから!」って(笑)

小林: 死ぬから大丈夫みたいな(笑)。絶対減らせって言われると思ったんですよ。

1 2 3次のページ
二宮係長の記事一覧をみる

記者:

ラジオDJですよ。喋ったりナレーションしたり司会してます。ニコニコでもなんかしたりしてます。JFN系列全国ネット「wktkの枠」毎週土曜24時から放送中。

TwitterID: ninomiya_v3

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy