ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Motorola Atrix 2(MB865)開封の儀

『Motorola Atrix 2』(MB865)を入手したので早速開封の儀を執り行います。今回入手したAtrix 2は米AT&T版です。米Motorolaのオンラインショップで購入しました。本体価格は$449、転送料金約は$40、通関手数料は1000円。かかった費用を日本円に換算すると約3万8000円。

『Atrix 2』はハイエンドモデルに分類されると思いますが、他のMotorolaのハイエンド端末よりも低い価格で販売されています。AT&T版にはAT&TのSIMロックがかけられていますが、アンロックコードで解除できました。アンロックコードを払い出してくれるショップはたくさんありますが、今回私が利用したのはTheunlock.caです。このショップはアンロックコード請求後、約1時間ほどで解除可能なアンロックコードを払い出してくれたので、個人的にはお勧めします。アンロックコードの費用は約$20。

まずは箱の中身から紹介します。AT&T販売のものと同じだと思いますが、Motorola直販サイトで購入したパッケージの同梱品は、『Atrix 2』本体、HW4Xリチウムイオンバッテリー(1735mAh)、AC⇔USB変換アダプタ、マイクロUSBケーブル、取扱説明書類。本体に2GBのマイクロSDカードが搭載されていました。『Atrix 4G』にはマイクロHDMIケーブルが同梱されていたかと思いますが、『Atrix 2』には同梱されていませんでした。

本体の薄型化のためだと思いますが、バッテリーは薄く作られており、背面内部の大部分はバッテリー用の空間となっています。SIMスロットはバッテリー下に位置する場所にあります。

そのバッテリーです。型番はHW4X。

『Atrix 2』のスペックは、4.3インチqHD(960×RGB×540ピクセル)のTFT液晶、TI OMAP 4430 1.0GHz(デュアルコア)、1GBのLPDDR2 RAM、8GBのeMMC NAND、800万画素CMOS(AF、LEDフラッシュ、1080pフルHD動画撮影対応)、30万画素フロントCMOSカメラ。Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDR、HSPA+(21Mbps)、DLNA。1,735mAhバッテリー。Motorolaの独自ソフトウェアである”Webtop”に対応します。HDMI経由で端末画面を出力できるHDMIミラーリングも利用できます。

今年2月に発売された『Atrix』(図左)とは、チップ構成が大きく変わり、また、ディスプレイサイズの拡大により、端末サイズが大きくなりました。しかし、若干薄くなっています(10.9mm→10.4mm)。

『Atrix』のバックカバーはツルツルした手触りのもので、指紋の付着や手垢の堆積によるザラザラ感が気になっていたのですが、『Atrix 2』のカバーはラバー質感のものとなっており、気になっていたことが解消されたと思っています。

表面はこんな感じ。結構弾力性があります。ラバー素材が使用されているのでグリップ感も良くなりましたね。

『Atrix 2』と同じ4.3インチディスプレーの『Galaxy S II』、『HTC Sensation』と並べてみました。3台ともサイズはほぼ同じです。

背面の形状を比較した写真です。『Atrix 2』の形状は『Galaxy S II』と似たフラットなものとなっています。

1 2次のページ
juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。