ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

“ネルフ津田沼支部”登場!? 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』をテーマにしたカラオケルーム

ネルフ津田沼支部 キービジュアル

使徒せん滅のための特務機関NERV(ネルフ)が斜陽のカラオケ産業を救う? 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の世界観で統一した、テーマパーク性あふれるカラオケルームが11月1日、千葉・津田沼に登場します。部屋の使用時間タイマーに「活動限界まであと0:30:00」と表示するなど、内装からフードやドリンクまで『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』のイメージを演出。これまでにないカラオケルームで集客を狙います。

ネルフ津田沼支部 店舗エントランス

『ネルフ津田沼支部』は、11月1日にリニューアルオープンするU-STYLE津田沼店のうち、1フロア(7室)に作られるもの。エントランスには物販コーナーを設置し、展示物やスタッフの制服に至るまで『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の世界観を演出。フードやドリンクも『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』をイメージしたオリジナルメニューを展開します。『ヱヴァンゲリヲン』ファンなら、一度はチェックしてみたい空間ですね。

ネルフ津田沼支部 展示・物販コーナー

同作品の著作権を管理するグラウンドワークスが監修し、『ヱヴァンゲリヲン』のテーマパークと位置付けた演出を盛りこみ、カラオケを楽しむだけでなく「見に行く」楽しさのある空間プロデュースが行われています。キービジュアルには、綾波レイ、惣流・アスカ・ラングレー、真希波・マリ・イラストリアスがマイクを持って歌うイラストを用意しました。

ネルフ津田沼支部 使用終了時間タイマー

今回の店舗プロデュースを手掛けたのはゼンリンプロモ。今後も、著作権管理とグッズ、資材を含めた商品や空間企画を、さまざまな作品で進めていく計画だそうです。近年、ネットやゲームの普及、不景気による消費の落ち込みなどにより、カラオケ離れが進んでいます。今後も、プラスアルファのエンターテインメント要素を盛り込んだ「テーマパーク的なカラオケ」が増えるのかもしれません。
 

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき