ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

選挙直前!山田太郎参議院議員インタビュー(上) 「表現の自由を守る活動をしてきた人たちにリスクを取っている」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2016年6月22日に公示される参議院選挙。人気満了にともない、定数242議席のうち半数の121議席が改選されます。
そんな中、2016年2月に表現の自由を守る党を作った山田太郎参議院議員も新党改革から全国比例区に出馬。当選を目指しています。
ここでは秋葉原に事務所を構えた山田議員にインタビュー。前半は表現の自由を守る取り組みを続けている経緯や、児童ポルノ法やヘイトスピーチ規制法の危険性について、お話を伺いました。

山田家は“コミケ一家”だった!?

--そもそも山田さんが参議院議員になられて、児童ポルノ禁止法や著作権関連の政策に取り組まれるきっかけについてからお伺いできればと思います。

山田太郎議員(以下、山田):わかりました。もともと経営者をやっていて、自分の会社(ネクステック)が、2007年に減損会計のルールが変わって債務超過に関して厳しくなったのです。それで利益が2割もある会社が大変なことになっていくんですね。その時に思ったのが「誰が何のために社会秩序を作っていくのだろう」ということです。(法律やルールを)作ろうとしている人も多分悪気はないと思うのですけれど、それによって傷ついたり影響を受ける人がいるということを間近に感じました。その中で、いろいろなパターンがあるけれど、表現といったものは大きいな、と思うようになりました。
もう一つ。自分の娘がもともとレイヤーなんです。

--コスプレをしている、と?

山田:かなりなレイヤーです、腐女子(笑)。国際展示場のイベントなんかにもブースを出していたりして、うちの奥さんもそれを手伝って連れて行ったりしたり、もともと「コミケ一家」みたいなところがあるんです。だから、この問題や彼ら彼女たちの不安感は前から知っていました。

「児童ポルノの問題は片付いていない」

--TPPの合意が進む中で、著作権の非申告化が二次創作に適用されない方向になったのは、山田議員のご尽力もあったと思いますが、児童ポルノ法も含めて、現状残されている懸念点について、ご見解をお願いします。

山田:まず、エロ・グロ・暴力の表現を取り締まりたいというのが児ポの本質なんです。一方、TPPの著作権非親告罪化は、二次創作やコピー文化を、権利を持ってる人たちがコントロールして取り締まりたいという話なので、系統がちょっと違います。
今回、TPPが批准された場合でも、著作権法上での扱いが日本では原則親告罪で、海賊版のみ非親告罪ということで整理されたので、これは大きい。もっと言ってしまうと、その権利をずっと守っていた親玉としてJASRACみたいな組織もありますが、ここまで今回の措置を認めたから、手打ちがかなりありました。だから、今後またそれが大きく引っくり返って、「やっぱり二次創作、けしからん」「パロディを潰せ」ということにはならないので、ひとつここは収まっているとは思っています。
しかし児ポ法の系譜、かつては全然OKだった『クレヨンしんちゃん』の「ぞ~うさん」だったり、そういったものすらダメっていうことは、やっぱり年々厳しくなってきている。どちらかというと実力を持っているのは、都道府県にある青少年健全育成条例。それらが、有害図書を1つ1つ指定されていくと、いわゆる自主規制も含めて進んでいく。やっぱり懸念点は、その親玉である青少年健全育成基本法が出てくるかどうかということにあるので、全然児ポの問題は片づいていない。問われたのは、児童ポルノ禁止法の中の、附則の検討というものを外すかどうかだけであって。それを外すのに前回成功しましたが、それはその時の事態が回避されただけであって、完全勝利したわけではない。負けなかっただけなんですね、だから今でも、いろいろ攻め込んできているし、まだ大懸念だらけ。特に親玉は青少年健全育成基本法だと思います。

--やはり商業同人問わずに萎縮効果はあると思います。都道府県レベルの健全指定条例で販売できなくなるというのが大きいですよね。そこをよりオープンな形にしていくためには、表現の自由をうたった憲法21条について、より考える必要性があると思うのですが。

山田:もちろんそうです。ですが、憲法を盾に取っても解釈の問題。まず二次元と三次元は違うというところをより徹底すべきです。反対したい人の多くは、特に三次元の実在の子どもに対しての犯罪の原因だと考えている。それが二次元と三次元の話がグチャグチャになっているんですね。私も児童養護をやっている立場でもあるし、性虐待はとんでもない話だから、きちっと取り締まって、起こらないように未然に防止するけれど、二次元は全然違う話だということを、まず最初にやるべきだと思っているんです。
あと二次元についても、刑法175における「猥褻」というレベルと、「ポルノ」でも特に「児童ポルノ」と言われる境目があります。露骨に性器みたいなものが表現されているものは、よろしくないということはわかりますが、「三号ポルノ」と言われる、肌が少し露出しているだけで、それに当たるのか、当たらないのか。さらに児童に見えるのか、見えないのか。そういうことに関してはすごくグレーですよね。そこは何がよくて何が悪いのか、議論があってもいいと思っています。

--まず議論の整理が必要だということですね。

山田:いずれにしても、結果としての表現に責任は生じるが、だからといってどんな表現もしてはならないということはない、ということです。なぜかというと、相手に対してどのような影響を与えたのかどうかが大事な問題。極端な話、個人が自分しか見ないものでエログロのものを描いたとしても、それは趣味嗜好で内心の自由なので、他人がそれを見せつけられたり、不愉快な思いをするならば別だけど、そういう意味では、どんなものをこの国では表現しても、許されるべきだと思っています。
例えば、ナイフだっていろんな使い方をするけれども、人殺しに使っちゃったら、極端な話、それに責任があると言っているのと同じですよね。だからといって、危ないからナイフを全部、どんな場合においても取り締まっちゃえと。あるいはナイフは切れないようにしましょうか、何センチ以下にしようじゃないかとか、どんどんそういう話になっていくと、ナイフそのものがなくなっちゃう。表現って、そういうものだと思うんですよね。表現は常に相手に対して発露するわけだから、行きすぎれば傷つけることがあるのは当然なんですよ。だから「じゃあ、ダメだ」「これとあれはダメだ」と言ってしまうと、線引きが不明確になれば、しゃべれなくなっちゃいますよね、と。
だから、刑法175との関係もあるし、表現は発露と影響というものも分けて考えなきゃいけないし、そういうことを議論として前に進めて、多くの人が構造的にこの問題を議論できるようにする必要があるのかなと思います。

1 2次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: ryofujii_gn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき