【ガジェ通恒例】ご当地おつまみで一層おいしく! 第2回『47都道府県の一番搾り』研究会開催!

access_time create folderグルメ
kirin004

2016年6月10日(金)、アキバにあるガジェット通信フロアにてキリンビールの新一番搾りシリーズ『47都道府県の一番搾り』を試飲する、ビール好きには堪らないイベント『第2回「47都道府県の一番搾り」研究会』が開催されました! 第1回からさらにパワーアップした「一番搾り研究会」となり、参加人数も増えいよいよ盛り上がりを見せてきた同研究会。連続参加する幸運に恵まれたビール大好き筆者が、会場の様子と試飲出来た「青森」「岩手」「秋田」「千葉」「信州」「静岡」「京都」「島根」計8種類の『47都道府県の一番搾り』についてお伝えします。

第1回の様子はコチラ キリン『一番搾り』がまさかの全都道府県を網羅!『47都道府県の一番搾り』研究会レポート
https://getnews.jp/archives/1449785

「一番搾り研究会」@ガジェット通信とは

kirin002

そもそも「一番搾り研究会」とは何ぞや、というコトですが、日本全国の皆さんはもう地元の『47都道府県の一番搾り』は飲めたでしょうか?

『47都道府県の一番搾り』
全国47都道府県ごとに味の違いや個性を楽しめる、特別な「一番搾り」。
“地元の誇りをおいしさに変えて”をスローガンに、地域で暮らすお客様と一緒に、地域の魅力を発掘しながら、商品を共創。

47都道府県の一番搾り 公式サイト[リンク]

『北海道』『福岡』など9種類の第1弾は5月10日に発売済みという事もあり、既に見かけた方もいるかもしれませんが、6月7日には『千葉』『京都』など全16種類が一気に発売されました。そこでガジェット通信では、キリンビールと協力してアキバにある社内フロアでライターなど様々な人をお招きして「研究会」と称する飲み会を実施する運びとなったのです。

kirin065

同じ一番搾りとはいえど、日本は各都道府県で全く異なる地域性があるのと同様、それぞれの一番搾りで味や香り、色、喉越しは千差万別。キリンビールの方に色々教えて貰いつつ、己の舌でその違いを味わい尽くすという当に「研究」と呼称するには相応しいイベントなのです。広々としたガジェット通信の新しいフロアを活かし、多くの外部ライターさんや関係者の方々も参加する事になりました。

kirin064

「研究会」と称するからには、相応の作業も各人に行って頂きます。前回同様、キリンビールさん「色、香り、味の強さ、苦味、後味」など多数のチェック項目があるガチなリストを作って下さいました。ただ飲むだけではないのです。

IMG_6430s

そして前回同様、司会進行は“熱血一番搾り研究員”こと杉並区からやって来たwosa主任研究員。今回も気合が入っています。

今回はご当地グルメも参戦!

kirin059

さらに!

今回はビールのおつまみが大幅にパワーアップ! 今回試飲する8府県それぞれの「ご当地おつまみ」を都内アンテナショップなどで入手、アキバにいながらそれぞれの地元のつまみと一番搾りを飲めるという、故郷の味を思いだしながらビールも飲める極上の内容へと進化したのです。

kirin051

島根は「あご焼き」のような非常に渋いザ・酒の肴から、

 kirin077

青森の「ホタテ白干」「鮭とば」「のしいか」のようなド直球おつまみまで、それぞれの府県名産の数種類のおつまみが完備。

1 2 3次のページ
access_time create folderグルメ
106

106

ネット・オタクカルチャー全般に対応。専攻は歴史学。ガジェット通信では生放送業務全般にも従事。1年の1/3は海外。将来の夢は宇宙飛行。

ウェブサイト: http://ktus.hatenablog.com/

TwitterID: @106yoyogi

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧