ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 100体のベビー・グルートがあなたの街にやってくる! 武井壮が人力車で日本のおもてなし
  • 細田守監督が手がけたアニメ「ひみつアッコちゃん」が放送決定! 「自分にとってのターニングポイント」
  • 米ユニバーサル、マイケル・ペーニャ主演のSFスリラー映画『Extinction』の配給権を獲得
  • ウディ・アレン初のドラマシリーズは“郊外の革命狂騒曲”!
  • ジェームズ・キャメロン監督、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は“ビジュアル・イマジネーションに欠けている”と厳しく評価
  • 楽しい魔法に愉快な魔法動物……大人もワクワクが止まらねえ!『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』クロスレビュー
  • ステイサム兄貴が新年早々大暴れ! 来年1月公開『WILD CARD/ワイルドカード』でラスベガスの裏社会を生きる“凄腕用心棒”に
  • 第二次世界大戦を引き起こすきっかけとなった『ナチス第三の男』ハイドリヒの謀略
  • ノオミ・ラパス、映画『プロメテウス』続編に出演へ
  • シャーリーズ・セロン、映画『アトミック・ブロンド』を映画『ワンダーウーマン』になぞらえ、女性はもっと活躍できると発言
  • 映画『ナビゲイター』のリブート版、脚本家に人気ドラマ『LUCIFER/ルシファー』のショーランナーを起用へ
  • あなたが2013年一番面白かった映画は? 「ネットアカデミー賞」ノミネート作品応募受付中
  • 映画のエンドロールに自分の名前が出る?
  • 滝藤賢一“目ヂカラ”全開! 『るろうに剣心 京都大火編』十本刀・佐渡島方治の過激ショット公開
  • ゆるめるモ!は“ちょっと先を行っている”グループ『女の子よ死体と踊れ』朝倉監督インタビュー[ホラー通信]
  • 20世紀FOX、6本の謎めいたマーベル作品の公開日を設定

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

キリン『一番搾り』がまさかの全都道府県を網羅! 『47都道府県の一番搾り』研究会レポート

IMG_0172-s

キリンビールは5月10日に、全国47都道府県ごとに味の違いや個性を楽しめる、特別な『一番搾り』を発売します。この『47都道府県の一番搾り』は、地元の風土や気質、食文化をビールに反映させ、地元の人々の協力によって作られる期間限定のビールなのだそうです。

そして今回はなんと! 秋葉原のガジェット通信オフィスでキリンビールさんの協力の下、スタッフ達が10種類の異なる『一番搾り』を飲み比べるという『47都道府県の一番搾り研究会 第1回』が開催されたので、その模様を大紹介いたします!

さらに今回の研究会は完成したばかりのガジェット通信フロアにて行われたので、普段はなかなか紹介する機会がない会場の様子も併せてお伝えいたします!

『47都道府県の一番搾り研究会』の概要

IMG_1804-s


それではまず、今回の『47都道府県の一番搾り研究会』の概要について説明しましょう。今回は47都道府県の中から厳選された10都府県の『一番搾り』を研究していきます。

会場にずらっと並ぶ試飲コップ。スタッフ全員が全10種類全ての『一番搾り』を飲み比べることができるという寸法です。ちなみに、研究会は平日昼間の14時から開始されました。

IMG_0058-s

ガジェット通信スタッフ、もとい“一番搾り研究生”の数は12人。今回我々研究生たちを指導してくれるのは『一番搾り』研究家のwosa主任研究員です。普段はウサギになったり白塗りスキンヘッドになったりと大忙しなwosa記者ですが、今回は至って真剣な様子。

IMG_0092-s


それもそのはず、この“研究会”ではかなり真面目に『一番搾り』を“研究”することを主眼としています。研究方法としては、事前に用意されたシートに各都府県の『一番搾り』の様々な情報を記入してく、というかなりアカデミックなスタイルです。評価項目は「味」「色」「味の強さ」「後味」「苦味」など多岐にわたり、いかにこの研究会が真面目なものかを物語っています。

IMG_0130-s


普段からレビューなどを通じてお酒、特にビールへの造詣が深い記者も多いガジェット通信編集部ですが、果たしてどのような研究結果が発表されるのでしょうか?

その前に少し、そもそも『47都道府県の一番搾り』とは何なのかをご紹介しましょう。

『47都道府県の一番搾り』とは?

IMG_1800-s

皆さんおなじみ『キリン一番搾り』。今回新発表された『47都道府県の一番搾り』のベースとなった、いわばオリジナルです。誰でも飲みやすい、完成された日本のビールですね。

IMG_0196-s


そして、新しく発売される『47都道府県の一番搾り』の『広島づくり』は、今までの『一番搾り』とは全く異なる深い赤みを帯びた液色を確認できるかと思います。

「地元の誇りをおいしさに変えて」のキャチフレーズからも分かるように、『一番搾り』をそれぞれの県の特徴に合わせて新たに開発した『一番搾り』となっているのです。

IMG_0086-s


山形を例にしてみましょう。「山形の人は、手間を惜しまない。何事にも、ひたむきですから」とのこと。「真面目で嘘をつかない働き者気質」「地元愛」「紅花」などが山形の誇りとして着目され、ビールのコンセプトはなんと「シャイなおらだが集まった!いろんなごっつぉ集まった! 真面目に搾った紅花色の一番搾りで、じっくり仲良くなってくべ!」と、強烈な地元愛を感じるものとなっています。

しかし驚くべきことは、このコンセプトに忠実に沿ったビールを本当に作っている、ということです。『山形づくり』では働き者な山形人をイメージして“低温麦汁濾過製法”を採用し、山形の誇り「紅花」を液色で表現しているとのこと。このような各都道府県のコンセプトを、製法や色でしっかりと『一番搾り』に反映させているのだから驚きです。47種類全く異なる『一番搾り』を作るという、途方もない努力がなされているという訳なんですね。

1 2 3 4次のページ
106の記事一覧をみる
106

記者:

ネット・オタクカルチャー全般に対応。専攻は歴史学。ガジェット通信では生放送業務全般にも従事。1年の1/3は海外。将来の夢は宇宙飛行。

ウェブサイト: http://ktus.hatenablog.com/

TwitterID: @106yoyogi

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。