「若い頃は記憶力がよかった」は幻想である!~マガジンハウス担当者の今推し本『「名前が出ない」がピタッとなくなる覚え方』

access_time create folder生活・趣味

NAMAE_coverobi_72

こんにちは、マガジンハウスです。今回ご紹介する本は……タイトルだけでギクッとされる方もいらっしゃいそうですね。かくいう我がマガジンハウス宣伝プロモーション部でも、立ち上がって「あれ、何しようとしてたんだっけ……」と数分うろうろしたり、編集部に電話をかけては「えーと、あれ、あの人……いますか?」など意味不明なことを言ったり、といった様子が日々、繰り広げられています。不安ですね。というわけで今日は本書の著者で、記憶術と速読の先生でもある宇都出雅巳さんにお越しいただきました~。

――――初めまして! 早速ですが、宇都出さんの経歴やこれまでの著書を拝見すると、受験のお話が多いですよね。

宇都出(以下U) 「ええ。というのも、記憶がシビアに求められるのは試験ぐらいなんですよ。覚えてないと落ちちゃうんで。でも、もちろん日常生活でもある程度は必要だよね、ということで、こういう機会をいただき考えてみたら、記憶力が求められることってけっこうあるなと。私も勉強になりました」

――――主に受験の本を出されてた方が、今回ちょっと毛色の違う本を書かれた。その経緯は?

U 「私も50歳を前にしまして、同窓会などに行って私がこういう本を出していると言うと、同じぐらいの年齢の友人たちが、“最近俺、記憶力悪いんだ”とか、“試験勉強も、若い時は覚えられたのに今はもう大変で”というふうに、記憶についての悩みを相談してくるんですよ。でもその悩みどころが、記憶の本当のメカニズムからするとちょっとずれてているというか、あんまり心配しなくていいことで悩んでたりするので、そこらへんを本にしてみようと思ったんです」

――――個人的には35歳ぐらいからですね(断言)。「覚えてない、忘れちゃった」ということを頻繁に言うようになりました。でも、本書を読むと、必ずしも年齢が原因ではないのかなって気もしてきて。

U 「はい。だいたいみなさん、“若いときは記憶力がよかった”っておっしゃるんだけど、脳科学や認知科学の実験や研究の結果、実は年齢はあんまり影響がないと言われてるんです。もちろん認知症とか病気になると別なんですけど、年齢ではない色々な要因があるんですね。年をとるほど、考えることが多くなったり付き合う人も増えてくるし、特に今は情報化社会で昔よりも情報量が増えてますよね。そういう意味では記憶力が落ちてきたというよりも、我々の環境がかなり変わってるということ。だからこの本では、みなさんそんな悩む必要ないですよ、ということもお伝えしたかったんです」

――――経験を積むと考えることが増えるから、悩みという形になるんですかね。若い人は忘れても悩まないっていうか(笑)。

U 「それもありますが、誰でもちょっと忘れる体験ってありますよね。名前が出ない、勉強したのに次の日もう忘れてるって。歳をとるとついつい、“若い頃はできたのに”って比較しちゃうんですよ。それは、若い頃という比較の対象があるから。でも、じゃあ若い頃は本当に記憶力よかったのかっていうと、実はそうでもないっていうのが実際のところなんですけど。記憶って面白くて…」

――――若い頃は記憶力がよかった、そういう記憶にしている(笑)。

U 「仰る通り(笑)。記憶って常に再構成されてるんです。人間の記憶って本当にいい加減なんですよ。友人と昔の思い出をしてて、“あの時こうだったよね”って言っても、“え、そうだったっけ?”ってことがあるのはそのせいです」

――――自分の都合いいように覚えてますよね。

U 「だから、若い頃は覚えられたのにって記憶を持つ年配の方のほうが悩まれる。でも若い方でもいますよ、小さいときは覚えられたのにって」

――――(笑)

U 「小さい子どもって、いろんなキャラクターとか本当によく覚えますよね。私も小さい子どもがいるからわかりますが、あれって、異様に繰り返してるんですよね」

――――確かに子供を見てると、すごく記憶力がいいなと思うんですが、我々大人に比べてほかの情報が少ないせいか、一日中ドラえもんのことばっかり考えてるからですかね。

U 「その通り。なので私の勉強法は、その<繰り返し>をいかに楽にするかということなんです。普通、みなさんは繰り返しをいかに避けるかっていう勉強法を求めて、ドツボにはまってくんですけど。繰り返しは必然のことと受け止めて、その繰り返しをいかに楽にするかっていうのが試験勉強ではものすごく鍵になるんです」

――――その発想を持って、そのやり方をマスターすれば、何歳になっても試験って受かるものですか?

U 「はい、受かります」

_DSC7060

6年前、行政書士の試験に2か月で一発合格した宇都出さん。合格率6.6%の難関を、ブログで試験勉強を実況しながら突破し、ご自身の勉強法を実証!

――――そうか……。実は私、どんな受験勉強も、暗記も苦手な子どもでした。それでそのまま大人になって、まさに今この本のような状態になってるので、自分は人間の中でも特に記憶力が悪い個体なんだと思ってたんです。周囲の人を見てると、異様に記憶力のいい人もいるんですよね、手帳も持ってないぐらいの。それも基本的には<繰り返し>の違いだったりするんですか?

U 「行動習慣の違いってのは大きいですね、やっぱり。名前を憶えてる人なんかもそう、しきりに繰り返してるんですよ。黙ってるこの瞬間にも思い出してるとか。試験勉強もそうですけど、思い出す癖ってものすごく大事なんです」

――――思い出す癖……。

U 「人の話聞いたり授業受けたりすると、けっこうわかったつもりになるんです、覚えたって。でも実は“つもり”なんですね。だから、覚えたつもりで実際は覚えてないことは思い出すようにする。そうすると<繰り返し>が起こる。同時に、自分が何をわかってて何をわかってないか、何を憶えてて何を憶えてないかもわかるので、次の勉強につながっていくんです」

――――なるほど。

U 「記憶力がいいと周りから思われる人っていうのは、いかに人間は忘れるかということをよく自覚していて、だから繰り返すんですよ。忘れても落ち込まない。一方で、なかなか試験にも受からない人は、自分は記憶力が悪いんだって思い込むと、勉強しなくなってしまう時間ができる。そこの積み重ねの差って結構大きいです」

1 2次のページ
access_time create folder生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧