ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

福岡のギター侍、戸渡陽太のメジャーデビュー発表後初ワンマンライブをレポート

福岡のギター侍、戸渡陽太のメジャーデビュー発表後初ワンマンライブをレポート

 福岡の“ギター侍”こと戸渡陽太のメジャーデビュー決定後初のワンマンライブが、4月12日渋谷7th Floorにて行われた。

 2014年ロッキング・オン主催のコンテスト【RO69JACK】にて入賞し、同年11月には自身初の全国流通盤を発売。その後地元の福岡を拠点に活動を続けてきた戸渡は、2016年6月15日に東京スカパラダイスオーケストラ主宰のレーベル、JUSTA RECORDよりメジャーデビューが決定している。

 この日のライブは、ドラム・誇太朗との二人編成。戸渡は、客席をくぐり抜けてからステージに上がると、ピアノに腰を掛け6月の最新アルバムに収録されている「Beautiful Day」を演奏した。軽快なリズムでライブの幕を開け、「SOS」「ギシンアンキ」ではギターに持ち替え激しいカッティングを見せつける。戸渡は、上京からメジャーデビューまでの期間に、数々の名立たるミュージシャンと音楽修行を積み重ねており、その成果もあってか、戸渡の堂々たるステージングに観客は序盤から息つくタイミングさえ失う程に圧倒された。MCでは、メジャーデビューの報告と共にファンへの感謝の言葉をしきりに口にする戸渡。話すときの謙虚な姿勢と、攻撃的なほど楽器をかき鳴らすそのギャップがさらにファンの心を掴んでいるのだろう。

 高校生で初めて作詞作曲を手掛けたという「すべては風の中に」については、面白くない学生生活の中で憂鬱さ、理不尽さや不甲斐なさをそのままぶつけた曲だと語り、自身の原点ともいえる曲を披露。その後「木と森」「さよならサッドネス」「Sydney」と続き、手数の多いドラムが畳み掛けられると、それに戸渡がギターと歌で応戦しているような掛け合いで会場の盛り上がりは最高潮に達した。

 ラストはピアノの弾き語りで「世界はときどき美しい」を披露。<Life is Beautiful>という歌詞とも共鳴するような歌声がまっすぐ届いてくると思わず涙がこみあげてきた。切なさに溢れた演奏でステージを後にすると、アンコールでは再びギターを持ち登場。阿部芙蓉美が楽曲を書き下ろした「グッデイ」でこの日のライブを締めくくった。

 戸渡の演奏について特筆すべきは、音色のジャンルや歌い方の幅広さともいえるだろう。ラテン調からレゲエ調の曲に至るバリエーションの多さに終始驚かされっぱなしで、6月のデビュー後も彼の感情や演奏がさらに豊かなものになっていくことを確信できたライブでもあった。

 戸渡陽太のメジャーデビューアルバム『I wanna be 戸渡陽太』は、6月15日にリリース。さらに、ゲストミュージシャンと1対1でセッションを行う自主企画ライブ【戸渡陽太10番勝負Vol.7】が6月18日に開催される。ぜひ会場に足を運び、その目に戸渡陽太を焼き付けてもらいたい。

Photo:古賀恒雄 Tsuneo Koga

Text:神人 未稀

◎リリース情報 『I wanna be 戸渡陽太』
2016/06/15 RELEASE
【CD】CTCR-14910 2,800円(plus tax)
【CD+DVD】CTCR-14911/B 3,300円(plus tax)

◎イベント情報【戸渡陽太10番勝負Vol.7】
2016年6月18日(土)
@渋谷STAR LOUNGE
OPEN 18:30 / START 19:00

関連記事リンク(外部サイト)

Album Review:若きギター侍、戸渡陽太がぶつける“今”とは
木村カエラ 橋本愛&宮崎あおい主演映画の主題歌決定 作曲はくるり岸田繁
七尾旅人から絶賛されたbutaji×黒澤清に学んだ五十嵐耕平 MV「EYES」上映会開催

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。