ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Android用「Opera Mobile 11.5」と「Opera Mini 6.5」が公開、データ使用量を確認できるようになった

Opera SoftwareがAndroid用ブラウザアプリの最新版「Opera Mobile 11.5」と「Opera Mini 6.5」を公開しました。Operaブラウザには、ユーザがリクエストしたWEBコンテンツを、Operaサーバが圧縮して端末に転送してくれる「Opera Turbo」という機能が搭載搭載されていますが、公開された最新版では「Opera Turbo」の利用により、どれだけのデータが圧縮されたかを確認できるようになりました。これにより、受信したデータ量や、(データ定額プランの場合はあまり関係ないかもしれませんが)どのくらい通信料金を節約できたのかを確認することができます。利用するにはまず「Opera Turbo」を有効化しておく必要があります。「データ使用量」ページはOperaメニューの「ヘルプ」からアクセスできます(ちょっと分かりにくいですね)。その他、Androidのブックマークのインポート機能、ホーム画面にブックマークごとのショートカットを作成できる機能が追加され、Honeycombタブレットでは、ページの埋めこみ動画を視聴できるようになりました。「Opera Mobile」(マーケットリンク)「Opera Mini」(マーケットリンク) Source : Opera Softwareプレスリリース  


(juggly.cn)記事関連リンク
Archos、10.1インチHoneycombタブレット「101 G9」の8GBモデルを米国で発売
NTTドコモ、LTE対応Honeycombタブレット「ARROWS Tab LTE F-01D」の予約受付を10月15日より開始、発売予定日は10月19日
NTTドコモ、LTE対応タブレット「Galaxy Tab 10.1 LTE SC-01D」を10月15日に発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。