ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 【今週公開のコワイ映画】2017/1/21号:未体験ゾーン2017『ダークレイン』『屍憶 -SHIOKU-』『フリークス・シティ』
  • 【独占記事】リズ・アーメッド、映画『The Sisters Brothers(原題)』でホアキン・フェニックス、ジョン・C・ライリーと共演へ
  • “ゾンビ顔女子”急増中!? 朝のダメ顔(ゾンビ顔)対策で ニンゲンに戻ろう!
  • クリストファー・ノーラン監督の映画『メメント』のリメイク版製作が決定
  • 『ジャングル・ブック』ジョン・ファヴロー監督の仕事論 チャレンジし続ける理由とその原動力とは
  • ブラピ主演の戦争映画『フューリー』 リアルを追及するあまりマイケル・ペーニャは戦車を動かせるようになった?
  • 中田秀夫伝説のJホラー『女優霊』から20年……島崎遥香主演『劇場霊』は“現実への侵入”
  • 話題沸騰『この世界の片隅に』片渕須直監督インタビュー「日常をとにかくこだわって描く」
  • 【インタビュー】トム・ホランド、映画『スパイダーマン:ホームカミング』やスピンオフ作品について語る
  • 映画『Snowden(原題)』のトレーラー、ジョセフ・ゴードン=レヴィットとシェイリーン・ウッドリーが重圧に直面
  • もしも恐竜が絶滅していなかったら? ピクサー最新作『アーロと少年』は文明を持った恐竜が主人公
  • ルーカスフィルム社長、『スター・ウォーズ』シリーズに女性監督を希望
  • TVCMに影響は出ないのかと心配になるレベル! 『渇き。』の役所広司がクズすぎて笑える
  • 「吾輩はタマ、猫である。この老人がしもべである」行儀良い“おちゃんこ姿”がかわいすぎる『ねことじいちゃん』特報映像
  • コメディ映画『The Night Before(原題)』で大はしゃぎするアンソニー・マッキー、『キャプテン・アメリカ』シリーズ最新作でファルコンを再演
  • キュアブラック&ホワイトの勇姿ふたたび! 『映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア』2018秋公開決定

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【アプリ】iPhoneでロック画面をAndroid風に変更出来る神アプリ? 「実は壁紙でした」→レビューでクレーム殺到

『iPhone』でロック画面を変更できるとうたっているアプリ『ロック画面をカスタマイズ』が10月5日にリリースされた。『iPhone』のロック画面はスライドさせるものか、もしくはパスワード番号によるロックしか選ぶ事ができない。しかしこのアプリはAndroidのように指でなぞった通りにロックを解除することができると説明文に記載されている。

しかし現在のiOS4のAPIではロック画面はさわれないはず。おかしいと思いレビュー画面を見てみると……。なんと詐欺アプリと多くのユーザーがクレームを書いている。どうやらこれはAndroid風のロック画面を壁紙にして「セキュリティを高めていると思わせる」ためのアプリだったのだ。少しややこしいが、いわゆるただの壁紙集。怒っている人はそれなりに理由がある。

ただダウンロードしただけなら放置で済むが、実はこれ有料アプリなのだ。85円と安いがアプリ代金を支払ってしまったことに怒りレビューで星1の評価をつけコメントも酷評の連続である。

説明文

しかし説明文をよーくみると……。

不可解なロックされた画面を見せかけることによってあなたの携帯のセキュリティは向上します。このアプリケーションは、実際に画面をロックしたり、新しいロック解除機能を提供しません。これは詮索好きな人対処のためのもので、デバイスの実際のセキュリティシステムではありません。

と、下の方に書いてある。しかしアプリ説明文の最初の方にはあたかも新しいロック画面を提供するかの触れ込みが書かれている。ちょっと紛らわしい? ユーザーもよく説明文を読んでから購入しましょう。なおiOS4ではロック画面はいじれません! 今後この類のアプリが出たときは偽物だと覚えておこう。やりたければ脱獄しましょう。
なお、アプリ開発者のウェブサイト(Spark So Web)および、サポートサイトには接続出来なくなっている。一時的なものなのかクレームが怖くて逃げたのか……。皮肉にもこのアプリは現在AppStoreで2位となっている。

ロック画面をカスタマイズ(iTunes Store)

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。