ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[PR]防水・防じんだからアウトドアでも安心 サンディスクのタフ仕様ポータブルSSD『エクストリーム510』製品レビュー

[PR]防水・防じんだからアウトドアでも安心 サンディスクのタフ仕様ポータブルSSD『エクストリーム510』製品レビュー

水浴びが気持ちいい季節になってきましたね! アウトドアで写真や動画を撮影する機会が増えるこの季節。アクティブに大容量の写真や動画のファイルを扱う人は、撮影したデータをその場でノートパソコンからチェック、即バックアップして次の撮影に向かいたいのでは。ビデオや重いデータを受け渡しして、その場で直接データのチェックや編集を行うような忙しいクリエーターやデザイナーも、タフ仕様のポータブルストレージが欲しいはず。そんな用途に向くポータブルSSDをサンディスクが4月に出荷開始しました。『サンディスク エクストリーム510 ポータブルSSD』(以下『エクストリーム510』)のレビューをお届けします。

コンパクトでタフな本体

extreme510_2

『エクストリーム510』は、480GB容量のポータブルSSD。記録媒体に機構部品を使用しないので、多少乱暴に扱っても安心なSSDですが、同製品は手のひらサイズのコンパクトな本体に緩衝ゴムを搭載、1.8メートルの高さから落下しても使える耐衝撃性を備えています。

extreme510_3 extreme510_4

カラビナなどを使ってバッグにぶら下げられる金属リング、USB3.0/2.0に対応するインタフェースがあるのみというシンプルな構造です。

『エクストリーム510』の最大の特徴は、①雨や水濡れがあっても使える防滴性能②土ぼこりの多い環境で使える防じん性能③大容量のファイル転送に強い高速性能、の3点。これらの特徴を見ていきましょう。

雨が降っても大丈夫!

カバンにぶら下げて移動していたり、海や川など水辺で撮影する際には、突然の雨や水しぶきが心配ですよね。そんな状況を再現して検証してみましょう。

extreme510_5

『エクストリーム510』を手に微笑むwosa記者。『エクストリーム510』はIP55相当の防滴・防じん性能を持ち、水なら3分間の水流(30キロパスカル)にも耐えることができます。

extreme510_6

じょうろで水をかけてみます。

extreme510_7 extreme510_8

どんどんびしょ濡れになっていくwosa記者の髪とTシャツ。夏の夕立でこれぐらい濡れてしまうこと、ありますよね。

extreme510_9

水濡れ完了。『エクストリーム510』本体は何も問題なさそうですが、実際に動作するのでしょうか。

extreme510_10

ノートパソコンにつないでみます。
※濡れた際にはよく乾燥してから使いましょう

extreme510_11

ドライブを認識し、保存してあるマニュアルを開くことができました! これなら雨に濡れても大丈夫でしょう!

土ぼこりをかぶっても大丈夫!

アウトドアの撮影で怖いのは水だけではありません。乾燥した場所で土ぼこりや砂が舞う環境での撮影を想定して検証してみましょう。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy