ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

孫正義氏が使う英単語はわずか1500 ”元側近”が明かす、世界と渡り合うための英語術

孫正義氏が使う英単語はわずか1500 ”元側近”が明かす、世界と渡り合うための英語術

グローバル化した現代、「英語」は多くの日本人にとって悩みの種であるといえるのではないでしょうか。右肩上がりで増えている訪日外国人と接することもあるでしょうし、ビジネスの場面では英語で説明しなければならない機会もますます多くなっていくはず。中には「スティーブ・ジョブズみたいに、クールかつ簡潔な英語のプレゼンができないと……」などと焦る人もいるかもしれません。

 これに真っ向から異を唱えるのが、英語教育事業を手掛ける「トライオン株式会社」代表取締役の三木雅信さん。3月に発売された三木さんが上梓した書籍『なぜあの人は中学英語で世界のトップを説得できるのか』では、中学英語でも、発音が上手でなくても、コミュニケーションが取れる方法が記されています。

 三木さんの経歴を紐解くと、1972年に福岡県で生まれで、三菱地所を経てソフトバンク社長室長に就任。本書タイトルにある「あの人」とはソフトバンクの孫正義社長であり、実際の孫社長も、プレゼンで使っている単語はわずか1500に過ぎないという分析結果があるそうです。

 1500の英単語のみで、孫社長はなぜ世界のトップを説得できるのでしょうか?

 たとえば、普段使わない英語でプレゼンをしようとしても、”取っ掛かり”が掴めない、と感じることがあるはず。そんなとき、孫社長は「Let me start my presentation.」と述べるといいます。「プレゼンを始めさせてください」という意味ですが、このようにいくつかの簡単な決め台詞を覚えておき、必要な場面で使うのが”孫正義流”英語術であるようです。

 また、「I(私)」「We(私たち)」といえば中学英語でも最初の方に習う単語ですが、この使い分けもポイントなのだとか。孫社長は個人としての意見を言うときには「I」を、会社としての活動を説明する際には「We」を主語にし、英語話者の聴衆にもわかりやすいプレゼンになっているそう。

 本書には、「孫正義がスティーブ・ジョブズに『携帯電話とiPodを結びつけた商品』のイメージ図を差し出し、ジョブズから『マサ、その図はいらない。僕も同じものを考えているから』」と答えたとのエピソードも収録。三木さんによると、このコミュニケーションがあったからこそ、ソフトバンクが当初、日本におけるiPhoneの独占販売を成し遂げたといいます。

 書籍『なぜあの人は中学英語で世界のトップを説得できるのか』。世界と渡り合うために英語を身につけたい人はもちろん、起業家の思考を知りたい、という人も参考になる一冊です。

■関連記事
ジョブズ氏愛用の 「タートルネック」 実は黒色ではなかった?
ジョブズが47歳の時に、iPadを作ろうと思ったきっかけとは
いくら英語が話せてもグローバル人材になれるわけではない

BOOKSTANDの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。