ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

元祖地ビール『サンクトガーレン』が飲めるビアハウスに行ってみた @『ALNILAM』町田

alnilam031_R

一応は東京都下である町田駅周辺は、意外と飲食店で賑わっています。というわけで、今回は町田に新しくオープンした『ALNILAM』(アルニラム)を紹介してみましょう。

ビアハウス『ALNILAM』

alnilam034_R

ビール好きのオーナーが、いつか自分の店を出そうと思い、ついに形になったのが町田のビアハウス『ALNILAM』です。

alnilam035_R

生樽ビールを軸に、多くのボトルビールも揃える本格派の店ですが、オーナー自身がビール党ということもあり、意外と価格は抑えられているのが嬉しいですね。

ちなみに生樽ビールは『ヒューガルデンホワイト』と『ラ・シュフ』の他に国産の『ハートランド』をレギュラーとしています。

alnilam001_R

さらに!

エールビール(上面発酵製法)のビールを一貫して造り続けているメーカー『サンクトガーレン』のビールを常に繋いでいます。

そして残りのひとつをゲストビールとして、樽がなくなるごとに別の銘柄に変えています。

計5種類の生樽ビールが味わえる『ALNILAM』は、町田のビール党が注目する店のひとつである事は間違いないでしょう。

ベルギービールの代名詞『ヒューガルデンホワイト』

alnilam020_R

恐らくベルギービールで一番有名なのが、コチラの『ヒューガルデンホワイト』ではないでしょうか?

小麦を使ったビールはまろやかで、ホップの苦みの無い『ヒューガルデンホワイト』はビールが苦手な人にも人気があります。

コリアンダーとオレンジピールを使った爽やかな風味は、みなさんが想像するビールとまったく違うと思うので、飲んだ事がない人は是非とも試してみて下さい。

ちなみに筆者も家に常備している、お気に入りビールのひとつで御座います。

『ラ・シュフ』が常設されている件

alnilam021_R

ベルギービールでもマニアックな『ラ・シュフ』が常設されているのは、町田でもココだけらしいです。

ホップの他にも『ヒューガルデンホワイト』と同じようにコリアンダーをスパイスに使っているので、非常に飲みやすいのですがアルコール度数は”9.5%”と高いので注意して下さい。

alnilam022_R

筆者も初めて飲みましたが、なかなか美味しいビールだと思いました。

フードも充実している『ALNILAM』

alnilam023_R

平日はオーナーが一人で営業する予定なので、あまりフードの種類は出せないそうですが、その分だけメニューは厳選されています。

『海老とブロッコリーのポテトサラダ』

ポテサラマニアの筆者も納得の一品でした。海老が沢山入っているのが良い感じですね。

alnilam024_R

味付けも比較的薄めなので、純粋にジャガイモの美味しさを楽しめます。このくらいのマヨネーズ感の方がビールに合うと思います。

『厚切りベーコンステーキ』が神だった件

alnilam027_R

料理に関してはオーナー自らが食べて納得した食材のみを使用しています。しかも極力”地元の食材”を使いたいとの事で、レギュラーメニューには神奈川県厚木市で作られているソーセージが入っていました。

しかし!

この日は『厚切りベーコンステーキ』(700円)なるメニューがあったので、これは是非ともチェックしたい筆者です。

alnilam028_R
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy