ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「HTML5 vs Flash の抗争にすればページビューが稼げるんでしょう」 アドビのFlashプラットフォーム担当者が“HTML5”と“ゲーム”を語る

「HTML5 vs Flash の抗争にすればページビューが稼げるんでしょう」 アドビのFlashプラットフォーム担当者が“HTML5”と“ゲーム”を語る

アドビ システムズが8月5日に開催したイベント『ADC MEETUP ROUND02』に合わせて、米Adobe Systems社のFlashプラットフォーム主席プロダクトマネージャーであるMike Chambers氏と、プラットフォームエバンジェリストのLee Brimelow氏が来日。ガジェット通信のインタビューに答えました。Flashプラットフォームの最新動向についてのインタビューは、HTML5とアドビの関係、そして今後Flashプラットフォームで力を入れていくとみられるゲーム分野での応用が大きなトピックとなりました。

HTML5をサポートするのは自然なこと

Lee:Flashプラットフォームは、デスクトップ(PC)向けにはゲーム、高度なビデオ、エンタープライズ系アプリケーションにフォーカスしています。その一方で、『Flash』『AIR』を使ったモバイルアプリの制作が注力分野となっています。一方で、今まで『Flash』を使って制作していた、ブラウザ側で動いていたコンテンツに、これからHTML、jQueryが使われることになるでしょう。

Mike:特にゲームの分野で私たちが期待しているのが3Dです。『Flash Player』のハードウェアアクセラレーションによるフル3Dサポートが実現しています。「Molehill」というコードネームです。プレビュー版は『Adobe Labs』からダウンロードできます。ブラウザ上のゲームにコンソール並みのグラフィックが持ち込まれることによって、ゲーム業界に革新的な次のステップを促すものになるだろうと考えています。

ガジェ通:HTML5のお話が出たところで、先日HTML5やCSS3を解説する『The Expressive Web』というサイトを立ち上げましたよね。アドビがなぜこういうものを公開したのでしょうか。

The Expressive Web

『The Expressive Web』
http://beta.theexpressiveweb.com/[リンク]

Mike:これは私が過去数か月にわたってリードしているプロジェクトなんです。開発者コミュニティにいる人たちは「アドビとFlash」のメガネをかけた状態で考えていくので、「Flashとどう関係があるんだろう?」と考えます。なので、アドビがHTML5をサポートすると言っても、なかなかこういった人たちには信じてもらえない。

でもよく考えてみれば、アドビは『Illustrator』『DreamWeaver』『Photoshop』などHTMLのデザイン・開発環境でトップの製品を出しています。なので、私たちとしてもHTML5もアドビとしてサポートすることが自然なのです。

このサイトを公開したのは、HTML5の中でも特に表現力において特徴あるフィーチャーをハイライトすることが目的です。私たちのコミュニティの人たちというのは、デスクトップやウェブで最もクリエイティブな作品を作る人たちなので、その人たちにウェブを介してフィーチャーを紹介したいと考えました。私たちは、このHTML5に対してとてもエキサイティングに思っているということ、様々なフィーチャーが出てきていることをウェブサイトで紹介するリソースとして使っていきます。同時に、いろんな人たちに学んでもらう場になっています。

ガジェ通:今後はどんな情報を提供していくのでしょうか。

Mike:現在は12の異なるフィーチャーを紹介しています。最初のリリースでは入れないでおこうと決めたいくつかのフィーチャーがあるんです。それらを追加したり、サイトを立ち上げる中で我々がいろいろ学んだことがあるので、それらについてはブログの方で紹介していきます。

このウェブサイトはリソースそのものとして扱う、つまりコンテンツについて学ぶためだけではなく、ウェブサイトのコードの部分も学んでもらえるようにしていきます。

ガジェ通:アドビはHTML5のオーサリングツール『Adobe Edge』も公開しています。こちらはアドビ製品の中ではどのような位置づけになるのでしょうか。

『Adobe Edge』(Adobe Labs)
http://labs.adobe.com/technologies/edge/[リンク]

Mike:『Adobe Edge』は今週(取材時)プレビューリリースをしました。クリエイティブデザイナー、モーショングラフィックデザイナーをターゲットにしたツールとなっています。HTML5、CSS3、JavaScriptといったHTML技術を使ってモーショングラフィックをウェブで展開したい人向けのツールです。

プレビューリリースはオーサータイムアニメーションにフォーカスしたものとなっています。ユーザーからのフィードバックをベースにしていくのですが、今後1.0のバージョンにはインタラクティビティなどさまざまなフィーチャーが加わることになります。

『The Expressive Web』のサイトでは、『Edge』を使っていないんです。まだサイトの立ち上げの段階ではプレビューリリースもされていない段階だったからです。我々は独自のツールを作りました。グラフィックのレイアウトツールなのですが、コード開発者にはコードをアウトプットして渡せるようになっています。ここではコード開発者が常にワークフローの中心に存在している。一方、『Edge』はデザイナーがこういったコンテンツを作ることができる。デザイナーが安心して使えるツールになっていて、自分でアニメーションを制作し、ワークフローの中で中心的な役割を担うことができます。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。