ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

放射性物質「3月15日に福島原発より大量放出。以降、大気への大量放出は起きていない」早野龍五教授が最近の測定とシミュレーションで結論

3月15日朝7時の福島第一原発

(写真は3月15日朝7時の福島第一原発ライブカメラの様子。左側、煙が出ているのがわかる。写真は鮮明化してあります)

「福島第一原発から、今も大気中への放射性物質の放出はおこなわれているのだろうか」「放射性物質が大気中へ出ているとしたら、どこへどれくらい流れているのだろうか」――福島原発周辺で生活している人であれば誰しも気になるところだと思います。現時点で収集できるデータを元に、東京大学大学院理学系研究科の早野龍五教授が「3月15日の朝、福島第一原発から大量放出」があったものの、「その後現在に至るまで原発から大気への大量放出は起きていない(海は別の話として)。」という結論をツイッターで発表されました。

以下、早野教授の連続ツイート(ツイッターでの投稿)を記者が関連図表などを挿入して整理したものです。

尚、この記事はたくさんのリンクと図表があるため、配信先ではすべて閲覧できません。申し訳ありませんが、続きはガジェット通信サーバー上の記事でご覧ください。

———-
3月15日に何が起きたか。福島原発北西部の高い放射線レベルの原因は? 最近の測定とシミュレーションで明らかになったことを連続ツィートします(早野の私見)。

●まず結論
3月15日の朝、福島第一原発から大量放出があり、放射性物質を含む空気塊が南下。午後にこれが福島中通りを北上して宮城県境に滞留し、降雨で落下。その後空気塊は太平洋上へ。
その後現在に至るまで原発から大気への大量放出は起きていない(海は別の話として)。

●測定値とシミュレーション
3月15日朝に福島第一原発から放出された放射性物質を含む空気塊がどのように動くか、シミュレーションが行われました。添付図を御覧下さい。詳しくは(PDF文書:福島県周辺放射線率データとシミュレーションの比較)。

測定値とシミュレーションの比較からわかること沢山

●シミュレーションを見ると
原発北西部の放射線レベルが高いのは、原発から出た放射性物質が直接北西に飛散したのではなく、関東上空を経由して福島中通りを北上し、3月15日夕刻の雨で地上に落下したのだと推測されます。やはり、シミュレーションは大事です。

●3月15日だけなのか?
福島県の放射線レベル (図:福島の放射線レベル) が3月15日に急増し、3月16日以降単調に減っていることから、3月15日の重要性は明らかです。

福島県の放射線レベル、3月15日以降

日本分析センター(千葉)のデータ (図:日本分析センターにおける空間放射線率の測定結果) を見ると、3月16日を最後に原子炉からの直接放出の証拠であるXe-133(編註:キセノン133、半減期約5日)がほとんど見えません。このことからも、3月15日の放出の理解が重要であることが分かります。

日本分析センター(千葉)のデータ

●雨の重要性
(図:日本分析センターにおける空間放射線率の測定結果) から、
1) 雨が降ると放射線量が増加すること
2) それとともに空間線量へのセシウムの寄与がヨウ素の寄与に対して増えること
が分かります。雨の重要性は (図:3/21-23の降雨以降、首都圏大気中には、放射性物質はほとんど無い) でも述べました。

3/21-23の降雨以降、首都圏大気中には、放射性物質はほとんど無い

●福島の大気
福島市では3月25日に雨が降りましたが、(図:福島の放射線レベル) を見ても放射線量の目立った増加は見られない。空中に舞っている放射性物質は少ないのです。

●大事なこと
一口に福島県と言っても、放射性物質の分布は大きく異なります。今後の積分線量や農作物への影響を理解するには、3月15日に放出された放射性物質が、どこにどれだけ落ちたかをしっかり測定・理解することが大事です。(海の問題はこれとは別に考える必要あり)

1 2次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき