ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

朝日新聞特別編集委員不適切ツイート問題が飛び火 江川紹子氏「一度の失敗も許さないのはどうか」に反論殺到

s_egawa_20150806_01

朝日新聞の冨永格特別編集委員が、自身の『Twitter』アカウント(@tanutinn)で、ナチスのハーケンクロイツを掲げてデモをする人の写真を投稿。英語とフランス語で「東京であった日本の国家主義者のデモ。彼らは安倍首相と保守的な政権を支持している」と事実関係の裏付けや写真撮影者の許可を取らずツイートした問題。この投稿は批判を受けて既に削除されていますが、2015年8月5日に朝日新聞社は「報道姿勢に疑念を抱かせる行為だったと重く受け止める」と謝罪。冨永氏を公認記者アカウントから外す措置を取ることを発表しています。

これについて、ジャーナリストの江川紹子氏(@amneris84)が、次のようにツイート。

富永記者のツイートには問題あったでしょうけど、ツイッターでの一度の失敗も許さないというのもどうなんですかね。朝日の記者さんって、大変ね! 批判すべきもんは批判して、それで改善したり反省したりすればそれでいいじゃないのでは、ツイッターってメディアは。

朝日新聞社の対応に疑問を投げかける内容ですが、冨永氏の擁護とも取れるために、反論が殺到。そのうちの「メディアは権力。反省だけで済むレベルなのか」と問いかけたメンション(反応)に対して、

フォロワー数8000程度の記者個人のアカウントが「権力」なんですか?!

と返信。「フォロワー数の問題なのか」とさらに批判が集まる事態となっています。

また、「大人としてやってよい事と駄目な事は解るはず」というメンションには、

やったらだめなことがわかってない社会人、とみられるツイートは結構多いよね。

とツイート。その後も殺到するさまざまな意見に対して、

まあ、考え方はいろいろだけど、ツイッターで新聞記者がつぶやいたことに、不適切なことがあれば、徹底的に批判し倒せばいいだけのことだと思うけど。

このように自身の見解をまとめています。

今回、多くの反応が集まったのは、江川氏がしばしば与党の政治家の発言やツイートに関して厳しい批判をしている事に比較して、「ダブルスタンダード」という印象を与えたことが理由として挙げられます。
江川氏は、朝日新聞が2014年の従軍慰安婦報道や「吉田調書」報道などの問題を受けて開いた『信頼回復と再生のための委員会』の社外委員に選ばれており、「身内に甘い」という反応も見られました。

編集委員の不適切なツイートからの“飛び火”して盛り上がった今回のネット上の議論。各新聞社の記者『Twitter]アカウントのあり方について、影響を与えることになるのか気になるところです。

※画像は江川氏の『Twitter』より。

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: ryofujii_gn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき