水・牛乳・野菜などの安全性について

access_time create folder政治・経済・社会
wikipedia:Kanamachi-water purification plant.JPGより

福島原発の事故に関連して水・牛乳・野菜など私たちが口にするものについての汚染問題が話題です。今回はその問題に関連する日本大学教授藤村靖之氏の原稿を転載させていただきます。できるだけ専門用語をつかわずにわかりやすく解説がおこなわれており、これから起こるであろうことについても触れられています。わたしたち人類が原発事故に直面するのは今回がはじめてではありませんから、原発事故が発生するとどういうことが起きるのかというのはある程度わかっていることです。この文書ではそのことについても簡単にですが触れられています。昨日、各地で水道水の摂取制限が開始されましたが、こういうことが起きるであろうことは予測できたことだといえます。藤村氏は40年原発に反対してきたそうですが、「事故が起きてしまったからには、気持ちを切り替えて、国民全員で長い年月を掛けてこの事態に立ち向かって行く……という覚悟が必要」と述べておられます。起きるであろうことは心構えをして慌てないようにしたいものです。記事の下部にコメント欄を設けておりますので、コメント等はそちらへお願いします。(ガジェット通信 深水英一郎)

全ての図表をご覧頂くには、こちらのガジェット通信本サイトをおたずねください。

●「水・牛乳・野菜などの安全性について」 3月20日 by 藤村靖之(非電化工房代表、日本大学教授)

3月19日に福島県の牛乳と茨城県の野菜から放射性物質が検出され、不安材料となっています。検出されたデーターは以下の通りでした。

茨城県の野菜から放射性物質が検出

表中の太字の数字は、厚生労働省が3月17日に発表した暫定基準値を上回るものです。
暫定基準値というのは、次の表の通りです。

厚生労働省 暫定基準値

2つの表を較べてみると、茨城県のほうれん草は、ほうれん草に適用される暫定基準値である2,000ベクレル/kg(放射性ヨウ素の場合)と500ベクレル/kg(放射性セシウムの場合)を6箇所で超えています。福島県の原乳については、1箇所で3回測定した値がすべて、牛乳に適用される暫定値である300ベクレル/kg(放射性ヨウ素の場合)を超えています。
 この暫定基準はICRP(国際放射線防護委員会)の勧告に基づいています。ICRPの勧告は、放射性物質を含む水や野菜が、どれくらい体内に取り込まれ、臓器に蓄積されて放射線を出すか(これを体内被曝と言います)を計算した結果に基づいて定められたものです。ICRPの勧告は国際的に権威あるものとされ、各国の放射線防護基準の基本として採用されています。ECRP(ヨーロッパ放射線防護委員会)は、ICRPの基準値は体内被曝については甘いという意見を表明しています。他にもICRPの基準に疑問を呈する方もいらっしゃいますが、私はこの基準を目安にするのが今はベストと思います。

ICRPとは?
「国際放射線防護委員会」のこと。放射線防護の基準を勧告することを目的に1928年に国際放射線医学会議(ICR)で、国際X線・ラジウム防護委員会として発足。これを継承して1950年に設立された国際的な専門家の委員会。1956年以降は世界保健機構(WHO)の諮問機関として放射線防護に関する国際的な基準を勧告してきた。ICRPの勧告は国際的に権威あるものとされ、我が国をはじめ、各国の放射線防護基準の基本として採用されている。

このデーターの解説は後述しますが、今後はこのような話(茨城県沖の鰯からセシウムが200ベクレル/kgとか)が次々に報道され、新たな不安を招きます。こういう話を冷静に、正確に理解して、適切な行動をとっていただきたいと思います。理解の助けになるように、すこし解説しておきます。

福島原発の事故は現在も一進一退で、予断を許されない状況にあり、少なからぬ放射性物質を飛散し続けています。飛散した放射性物質(ほとんどの場合、微粒子として)は主に風に乗って周囲に運ばれます。時には上昇気流に乗って数千メートル上まで運ばれ、上空の風に乗って、千キロ先まで運ばれることもありますが、微々たる量です。ハワイで検出されたからと言って(未だ検出されていませんが)脅える必要はありません。
 風で運ばれた放射性物質の微粒子は、空中に浮遊したり、地上に落下したり、貯水地に落下して水道水に混じったり、野菜の上に落ちて付着したり、牧草に付着したり、その牧草を食べた牛を経由して牛乳に混じったり、海に降った放射性物質が、食物連鎖の結果として魚に蓄積されたりします。原発事故が起きれば当然こういうことは起こります。問題は、健康にどの程度の被害が生じるかという、正確な判断と適切な行動です。危険なのに安全と言いくるめるのは論外ですが、不必要に人を脅えさせることも褒められたことではないと思います。

 チェルノブイリ事故のような「原発を運転中(つまり核分裂が起こっている最中)に原子炉が破壊され、大量の放射性物質が爆発的に飛散される」という最悪の状況に至る可能性はやや低くなってきましたが、事態が収束するまでには数日を要すると予想されます。今よりは悪化しないで収束するか、今より悪化した状態で収束するか、いずれにしてもやがて収束します。

 収束するまでは、放射性物質が撒き散らされ続けます。その間は距離が近く、風向きが風下方向(この場合は短期的な風向き)に多くの放射性物質の微粒子が運ばれ、空中に浮遊したり、雨に吸われて落下したり、自然に落下して土や野菜に付着したりします。何れにしても収束するまでの間は、飛散状況に応じて強い放射能が検出されます。この間は、室外にいると空気中に浮遊する放射性物質からの放射線を浴びる、いわゆる体外被曝と、空気と一緒に吸い込まれて肺や気管支に付着した放射性物質からの放射線を浴びる、いわゆる体内被曝が懸念されます。

1 2 3次のページ
access_time create folder政治・経済・社会
寄稿の記事一覧をみる

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧