ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ウィズ・カリファ 遂に10週目の米ビルボード・シングル・チャートNo.1に、年間首位にも王手

ウィズ・カリファ 遂に10週目の米ビルボード・シングル・チャートNo.1に、年間首位にも王手

 ウィズ・カリファ feat. チャーリー・プース、歴代記録をまた更新!「シー・ユー・アゲイン」がいよいよ10週目の首位をマークした、今週の米ビルボード・シングル・チャート。

 通算10週のNo.1マークは、歴代30曲目となる記録。それも、同年で2曲連続(マーク・ロンソン&ブルーノ・マ-ズ「アップタウン・ファンク」の14週)となる記録更新は、過去のチャートを振り返ってもレアなケースといえる。現時点で、今年の年間首位確実ともいわれた「アップタウン・ファンク」だが、この「シー・ユー・アゲイン」がどこまで粘り強さをみせるかで、大逆転の可能性も見えてきている。

 その「シー・ユー・アゲイン」から、一時首位の座を略奪した、テイラー・スウィフトの「バッド・ブラッド」は、3週目の2位タイで停滞。収録アルバム『1989』も、昨年秋にリリースされたにもかかわらず、未だ2位に浮上する強さをみせている。そのテイラーだが、21日にブログサイト“タンブラー”に公開状を投稿、アップルには楽曲を提供しないという内容だった。一方、アップルのエディー氏が、直ぐに著作権使用料を支払うと発表し、穏便に事は片付いたとみえたが、業界や視聴者からは、“出来レースか”との声も上がっている。

 とはいえ、こういったアプローチもセールスが低迷しているミュージック・シーンにとっては、必然だったのかもしれない。そうであったとしても、テイラー・スウィフトの人気は、それだけの影響力があるということを物語った。

 さて、そんな上位に君臨する彼らを驚愕させる勢いでTOP5入りを果たしたのは、今週4位に浮上した、オーミの「チアリーダー」。すでにアメリカ以外の各国でNo.1をマークしているこの曲、「シー・ユー・アゲイン」の記録更新をストップさせる候補の1曲として挙がっているが、たしかに登場数や話題性で分析しても、この曲が次期No.1であることは、明らか。

 上位3者がややポイントを後退させているのに対して、「チアリーダー」は1億4000万回に達したストリーミングポイントをはじめ、ヨーロッパ方面で話題をさらっているリミックスのリリースもあり、セールスも上昇。次週はTOP3入りが確約されているほどで、夏本番にさしかかり、自身初のNo.1をマークするのではないかと思われる。日本でも、ユニークな邦題がつけられて、ブレイクを果たしそうな予感。

 オーミに続き、その勢いはまさに“2015年度ブレイク・アーティスト”といえる、ザ・ウィークエンドの「キャント・フィール・マイ・フェイス」は、先週の24位から12位へ、ジャンプアップを果たした。「ラヴ・ミー・ハーダー」、「アーンド・イット」(今週10位)の大ヒットにより、2ndアルバムのリリースが期待大といったところでリリースされた、先行シングルということもあり、公開されたビデオのポイントを受け、急上昇。次週は「アーンド・イット」にかわってTOP10入りするのではないかと、予想される。

Text: 本家 一成

関連記事リンク(外部サイト)

7月4日付 Billboard Hot 100 全米シングルチャート
7月4日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
Song Review:映画『ワイスピ』とともにヒット中のウィズ・カリファ「シー・ユー・アゲイン」に込められた“ファミリー”を巡る物語を紐解く

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。