体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

女性に大人気のヘルシーな『らぁめん』を食す! @東京都町田市『胡心房』

kosi-1_R

今回は東京都町田市にある、女性に人気のラーメン屋さん『胡心房』を紹介してみます。

以前はチェーン系のラーメン屋さんが多かった町田駅周辺ですが、ここ数年は個人店が徐々に目立って来ていて、新しいラーメンスポットを形成しつつあります。

kosi-8_R

女性店主が経営する『胡心房』

ラーメンと言えば比較的「男性向け」なイメージがあります。無論、女性が食べても美味しい事は間違いないのですが、やはり男性客をターゲットにしている店が多いのは事実です。

極端な例で言えば『ラーメン二郎』などのガッツリ系は、明らかに女性客を意識したラーメンとは言えないでしょう。

「食べられるんなら、どうぞ」

くらいのスタンスで、男女関係なく『ラーメン二郎』のシステムに従わなければ、食べる事は出来ません。

「隣同士で座って喋りながら食べたい」

と言う、女性客の希望は全否定のシステムを、一方的に受け入れるしかないのです。

kosi-9_R

そんな「男性中心」のラーメン業界の中で「女性向けラーメン」の先駆者とも言えるのが野津理恵さんの手がける『胡心房』です。

ちなみに店の歴史的な何かをサクっと書きますと、かつて父親が経営していた『虎心房』が町田に引っ越して来て『胡心房』と店名を変え、その後は相模原に『虎心房』を再びオープンしたので、町田の方は娘である野津理恵さんが引き継いで現在に至ります。

kosi-11_R

女性店主ならでは細かい配慮

そして女性店主ならではの心配りで「紙エプロン」や「ヘアゴム」などが店の入り口脇に用意されています。

ここら辺の発想は女性ならではの配慮ですね。さらに「ラーメン」やサイドメニューも女性向けで

『10品目サラダ』

『低カロリー手作りヘルシーデザート』

他にも女性客限定の、お得な「ヘルシーセット」(980円)も用意されています。

あまり男子的には「ラーメン&サラダ」と言う発想には至らないのですが、確かに女性客からして見れば「サラダ」の需要はあるかもですね。

kosi-2_R

『らぁめん』を食す!

『胡心房』では『味玉らぁめん』がイチオシらしいのですが、さして煮玉子を欲していない筆者なので、まずは基本となる

『らぁめん』(700円)

をオーダーしてみました。やはりベーシックスタンダードを知る事は重要ですからね。

ちなみに『胡心房』では、ラーメンを『らぁめん』と表記してあります。

「で?」

って言う話ですが、まあ発音はどちらも同じなので、オーダーする上での不都合はありません。

店内は明るいイメージで、カウンターもオシャレな感じです。オープンキッチンなので、待っている間にラーメンを作る様子も見られるので、退屈する事は無いでしょう。

一度に2食ずつ軽快に作っています。麺の湯切りも流石で、このオペレーションならば、提供されるラーメンも間違いないでしょう。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。