ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女性に大人気のヘルシーな『らぁめん』を食す! @東京都町田市『胡心房』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

今回は東京都町田市にある、女性に人気のラーメン屋さん『胡心房』を紹介してみます。

以前はチェーン系のラーメン屋さんが多かった町田駅周辺ですが、ここ数年は個人店が徐々に目立って来ていて、新しいラーメンスポットを形成しつつあります。

女性店主が経営する『胡心房』

ラーメンと言えば比較的「男性向け」なイメージがあります。無論、女性が食べても美味しい事は間違いないのですが、やはり男性客をターゲットにしている店が多いのは事実です。

極端な例で言えば『ラーメン二郎』などのガッツリ系は、明らかに女性客を意識したラーメンとは言えないでしょう。

「食べられるんなら、どうぞ」

くらいのスタンスで、男女関係なく『ラーメン二郎』のシステムに従わなければ、食べる事は出来ません。

「隣同士で座って喋りながら食べたい」

と言う、女性客の希望は全否定のシステムを、一方的に受け入れるしかないのです。

そんな「男性中心」のラーメン業界の中で「女性向けラーメン」の先駆者とも言えるのが野津理恵さんの手がける『胡心房』です。

ちなみに店の歴史的な何かをサクっと書きますと、かつて父親が経営していた『虎心房』が町田に引っ越して来て『胡心房』と店名を変え、その後は相模原に『虎心房』を再びオープンしたので、町田の方は娘である野津理恵さんが引き継いで現在に至ります。

女性店主ならでは細かい配慮

そして女性店主ならではの心配りで「紙エプロン」や「ヘアゴム」などが店の入り口脇に用意されています。

ここら辺の発想は女性ならではの配慮ですね。さらに「ラーメン」やサイドメニューも女性向けで

『10品目サラダ』

『低カロリー手作りヘルシーデザート』

他にも女性客限定の、お得な「ヘルシーセット」(980円)も用意されています。

あまり男子的には「ラーメン&サラダ」と言う発想には至らないのですが、確かに女性客からして見れば「サラダ」の需要はあるかもですね。

『らぁめん』を食す!

『胡心房』では『味玉らぁめん』がイチオシらしいのですが、さして煮玉子を欲していない筆者なので、まずは基本となる

『らぁめん』(700円)

をオーダーしてみました。やはりベーシックスタンダードを知る事は重要ですからね。

ちなみに『胡心房』では、ラーメンを『らぁめん』と表記してあります。

「で?」

って言う話ですが、まあ発音はどちらも同じなので、オーダーする上での不都合はありません。

店内は明るいイメージで、カウンターもオシャレな感じです。オープンキッチンなので、待っている間にラーメンを作る様子も見られるので、退屈する事は無いでしょう。

一度に2食ずつ軽快に作っています。麺の湯切りも流石で、このオペレーションならば、提供されるラーメンも間違いないでしょう。

スープは軽く滑らかな仕上がり

豚骨ベースと思われるスープは全体的にライトな仕上がりですが、意外とコラーゲン的な何かを感じます。

ラーメンスープとしては、かなり脂は抑えめに作っていると思うのですが、いわゆる「あっさり」とはチョイ違う、しっかりしたスープです。

博多の豚骨ラーメンをスープの「呼び戻し」(前日のスープの残りを足す事)を無くし、さらに洗練した感じでしょうか?

なんでもスープは一度冷却して、浮いて固まった脂は取り除いているとの事。

なるほど。

それならスープもかなり軽くなるし、スープが酸化して劣化する最大の原因となる「脂」を取り除く事で、スープの臭みを抑える事も出来る気がします。

確かに「スープが軽い」と言う評価が多い『胡心房』ですが、物足りなさはないですね。

珍しい所では「馬油」がチョイっと入っています。少量なので大きく味が変わる程ではありませんが、途中で混ぜる事によってスープをアレンジする事が出来ます。

麺はライトなスープに合う細麺

『胡心房』の麺は細麺です。九州ラーメンのような細さですが、加水率は低くないので九州ラーメンとは全然違います。

ただし「カンスイ」も少なく感じるので、イメージとしては九州ラーメンの麺に近いかもしれません。

なのでラーメンの麺と言うよりは、むしろ「冷や麦」とか「そうめん」に寄った方向性かもですね。

確かに『胡心房』のスープに合わせた麺となると、この麺になると思います。

若干、ラーメンをガッツリ食べようと思う人には、コレじゃない感も出るかもですが、スープとのバランスや

「女性向けのラーメン」

と言う方向性であれば、この麺がひとつの正解かもしれません。

チャーシューは豚バラ肉

チャーシューはしっかりタレで煮込まれていて、柔らかく仕上がっています。

結構、チャーシューのタレの色は濃いのですが、ラーメン自体は「塩豚骨」みたいな白色なので、意外とラーメンの方にはチャーシューのタレを少ししか使っていないのかもです。

豚バラ肉だと「脂が多い」イメージですが、しっかり煮込まれて脂は抜けているので、あまりギトギトした感じのチャーシューではありません。

ここら辺も「女性客」を意識しての仕上がりなのでしょう。

恐らく、チャーシューのタレも冷めた時に浮いた脂は、丁寧に取り除いているのかもしれません。

ラーメンにレタス?

他にもラーメンに「レタス」を使っているのが斬新な気がします。

「そこはキャベツだろ!」と思わなくもないのですが、意外とレタスのシャキっとした感じも悪くありません。

しかし、熱いスープに浸っているうちに、どんどんシャキっとした食感は無くなってしまうので、割と早めに食べないとレタスの意味が無いような気もします。

スープを吸って「くたくたになったキャベツ」は美味しいのですが、それがレタスだと違和感になってしまうような?

まあ、そこら辺は個人の嗜好ですし「キャベツ慣れ」しているから先入観があるのかもです。

他にも「メンマ」と言うか「しなちく」も良い感じです。

葱は万能葱を「小口切り」にしています。これも特徴的ですが、歯ごたえがあって良いと思います。

確かに長葱ほどの香りはありませんが、これはこれで好きな人も居るでしょう。

『胡心房』 総評

徹底的に余分な脂を取り除いた「ヘルシーなラーメン」で、女性を中心に人気が高い『胡心房』ですが、筆者が食べても十分に美味しいラーメンでした。

「ヘルシー志向」と言う単語に何も感じない筆者も、先入観なしで美味しいと思ったので、意外と男性にもオススメかもです。

ちなみに『胡心房』は常に行列な感じですが、何気に営業時間が変更されていて土日は「11:30オープン」なので、そのチョイ前くらいに訪れると、あまり並ばずに入れると思います。

それでは、みなさんも『胡心房』のヘルシーな『らぁめん』を食べてみて下さい。

『胡心房』

住所:東京都町田市原町田4-1-1

営業時間 12:00~15:00 18:00~21:00
土曜日 11:30~20:00
日曜日 11:30~18:00

定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP