体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

リコーのコンパクトデジカメレビュー『 CX1』と『GX200』をさわってみた【製品レビュー】

gx200s

こんにちは! 写真、撮り歩いていますか? さてさて、今回紹介するガジェットは“コンパクトデジタルカメラ”略して“コンデジ”です。あ、知ってましたか。知ってますよね。街中でコンデジなどを持ち歩いている人が珍しくはないほど、昨今のデジカメ普及率は伸びているそうです。そんなコンデジを出荷するメーカーとしても名高いリコーから『CX1』と『GX200』を借りることができましたので、本日は両機種を並べつつレビューを行いたいと思います。

– GX200
「プロフェッショナルシリーズ」という位置づけで、2008年7月にリリースされた本機種は、2007年4月発売の『Caplio GX100』(以下GX100)の後継機種として登場いたしました。焦点距離の35mm換算値で24~72mm、F値はF2.5(広角)~F4.4(望遠)とそれまでのレンズ仕様を受け継いでいますが、有効画素は『GX100』の1001万画素から、『GX200』では約1210万画素にパワーアップ、映像素子は1/1.7型原色CCDが採用されております。

キーボード

操作体系の特徴としては、ファンクションボタンが『GX100』の1個から2個に増え、マイセッティングも2設定から3設定になったことが挙げられます。この事で「自分用設定」への切り替えが格段に楽になっています。電子水準器、画角1:1モードなど、リコーならではの機能も備えています。

また、撮影をより快適にするためのオプションが充実しているのも『GX200』の特徴です。液晶ビューファインダーや自動開閉式レンズキャップをはじめ、ワイドコンバージョンレンズ、テレコンバージョンレンズなど、試してみたくなるアイテムが盛りだくさんです。店頭価格は記事執筆時点で、およそ4万3千円~4万8千円となっているようです。

cx1

– CX1
スタンダードシリーズの最新機種として登場した『CX1』は、2009年3月に発売されました。
画像処理エンジンは、前機種R10のSmooth Imaging EngineIIIからSmooth Imaging EngineIVに進化しています。更にセンサーにはCMOSを採用し、更なる画質アップを目指しています。ちょっと専門的な話になりますが、これまでコンパクトデジタルカメラにはCCDと呼ばれる種類のセンサーが用いられ、デジタル一眼レフにはCMOSと呼ばれるセンサーが用いられることが多く見られました。供給や消費電力の点などでCMOSは有利な場面が多いのですが、画質については一概に言えない部品です。しかしながらCMOSの製造技術が著しく向上しているのは確かなので、注目したいところですね。

1 2次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会