ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高性能のスマホカメラでは心霊写真が撮れる可能性が高い……? ヤバイ検証動画が公開に[ホラー通信]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

心霊写真を撮ってしまったことがある、という方はあまり多くないかもしれない。しかし、写真を撮っている場に霊がいないとも限らず、ただそこに“霊がいる”ということに気付いていなかっただけなのかもしれない……。

もしも写真を撮っていたのが、暗い場所でも明るくくっきりと写るスマートフォンのカメラだったら……? そんな“もしも”を検証した動画が公開されている。

動画に映っているのはバーベキューを楽しむ学生たちだ。スマホで写真を撮り合い、楽しい思い出を作っていた彼ら。異変が起こったのは、夜景をバックに撮影したときのこと。一般的なスマートフォンで撮影した写真では暗い部分が真っ黒に写っていたが、“とあるスマートフォン”で撮影したところ……くっきりと“あるもの”が写ってしまったのだ。

「お分かりいただけただろうか……」

この撮影に使われたのはauの2015年夏モデルである、LGエレクトロニクスのスマートフォン『isai vivid』。F値1.8のレンズを持つ『isai vivid』では、薄暗い場所でも一眼レフカメラで撮ったかのように人物も背景もくっきりと明るく撮影することができる。つまりは、これまでのスマートフォンでは写真が暗すぎて気付かなかった“霊の存在”に、気付いてしまうかもしれないというわけだ。

また、『isai vivid』はわずか0.5秒でのカメラ起動、手ぶれの心配がない光学式手ぶれ補正(OIS2.0)機能や、ピント合わせが高速なレーザーオートフォーカスを搭載しているため、動きの早いUMA(未確認動物)に遭遇したときに証拠写真を撮り逃したくないあなたにも有用かもしれない……。もちろん幽霊やUMAに遭遇しなくても、夏の屋外レジャーや日常使いにと大活躍するであろうことはお察しのとおりだ。

なお、筆者がとある取材時に霊能力者の方から伺った話では、みんなで集まって怖い話や霊のうわさ話をしていると、本当に霊が寄ってきてしまうのだそうだ。面白半分に霊をたきつけるのは考えものだが、そういった場所では本当に心霊写真が撮れてしまうかもしれない、ということをお伝えしておく……。

『isai vivid』での撮影でくっきりと写ってしまった“あるもの”の全容を知りたい方は、こちらの動画を是非ご覧あれ。

【閲覧注意】女子大生が撮った恐怖のスマホ写真。そこに写っていたものとは…(YouTube)
https://youtu.be/rpYYP6eXzj4

「私も写真に入れてよ……」

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP