体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

桶屋が儲からないのは風が吹いていないからか(シェイブテイル日記)

桶屋が儲からないのは風が吹いていないからか(シェイブテイル日記)

今回はシェイブテイルさんのブログ『シェイブテイル日記』からご寄稿いただきました。

桶屋が儲からないのは風が吹いていないからか(シェイブテイル日記)

まず最初に、金融政策一本槍リフレ派の方にお詫びしなければいけないことがあります。

前回書いた「リフレ派の皆さんは、最近お元気でしょうか。」*1で、

*1:「リフレ派の皆さんは、最近お元気でしょうか。」 2015年05月30日 『シェイブテイル日記』
http://d.hatena.ne.jp/shavetail1/20150530

「インフレターゲット下の金融政策だけでデフレ脱却できる」の対偶は「デフレ脱却できなければインフレターゲット下の金融政策だけではデフレ脱却は無理」、ではないですね。仰るとおりです。

「風が吹けば桶屋が儲かる」の対偶は「桶屋が儲からないのは風が吹かないから」です。 
私が言葉足らずだったのは「風は十分吹いたんだからこの命題は偽ですよね」という部分を抜いてしまっていることです。
お詫びして訂正させていただきます。

ご指摘により、私の解釈以外に、「桶屋が儲からないのは風が吹いていないからじゃないの?」という解釈もあることに気づかせていただきました。
金融政策一本槍リフレ派の皆さんどうもありがとうございます。

言われてみれば、現在の状況は「金融政策を十分にやったのに、インフレターゲットレベルに物価が上がっていない」という私の解釈以外にも「物価が上がっていないのは金融政策が不十分だからだ」という真逆の解釈もできますね。

ただ。その真逆の解釈をされている方に幾つか質問です。

(1)元々の手段は達成したのでは?

インフレターゲット下にマネタリーベースを2倍にすれば、物価は2%に上がる、という黒田総裁の話に皆さんも納得して諸手を挙げて賛成していたのでは?

もちろん、雨が降るまで雨乞いの踊りは止めないから雨乞いの踊りをすれば必ず雨が降るという考え方もあるでしょうけれど。

(2)インフレを脱却した場合には?

バブルの最中でもマネタリーベースは30兆だったのが現在300兆円です。 
「バブル結構じゃない?望むところです。」というご意見には私は半分賛成で半分反対です。
バブルが半永久的に続くものなら私も大賛成ですが、言葉の定義通り、バブルは必ず弾けます。

グリーンスパンやバーナンキもバブルの制御について「日本での無様な失態とは異なり、FRBはきちんと金融政策でバブルはコントロールする」と自信を持っていたようです。バーナンキは恐慌の専門家でもありましたし。

しかし、実際のバブルはグリーンスパンがバブルの最中にフロス(小さな泡)と言っていたように、いつがバブルかは誰にも判りません。

そしてバブル崩壊の兆候が現れるや、投資家は我先にと逃げ出すので、金利を下げても追いつかず、火消し役のバーナンキFRBは”behind the curve”(後手後手)と批判されました。

日本の80年台バブルの時はマネタリーベースは30兆円で、室内に30キロガソリンタンク置いたらどかっと燃え上がった状態に似ています。

デフレ下ににマネタリーベースを300兆円積み上げる政策は、氷点下20度で室内にガソリンタンクを300キロ入れた状態に似ているように思います。

リフレ派そして私らの望むように気温が普通の25度に戻った時、室内に置かれたその300リットルのガソリンに、何かの拍子で火が突いた時の対策もお考え何でしょうか?

もしそこまでは考えていないし、そうなってから考えれば良い、という考えには賛同しかねます。

なぜなら、インフレターゲット下のマネタリーベース積み上げの効果は、単純な貨幣数量説に則るというよりも、円安と資産高を介するルートだと言われているのですから、資産の異常高騰(バブル)は当然予測されて、その対策もなければなりません。

(3)それ以前の話、買える国債も減ってきている

現在のアベノミクスは大規模な金融緩和と緊縮財政です。「経済を良くするってどうすれば」氏によれば、今年度は昨年度比8兆円の緊縮財政だとか。*2

*2:「アベノミクス・4月も再失速を観測」 2015年05月31日 『経済を良くするって、どうすれば』
http://blog.goo.ne.jp/keisai-dousureba/e/243ce4a3c2aaee79fc40c3776d7617b1

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。