ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パナソニックがAndroid 2.1搭載メディアプレーヤー『SV-MV100』発売へ 『andronavi』からアプリのダウンロードも可能に

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


パナソニックは、デジタルメディアプレーヤー『SV-MV100』を3月18日に発売します。価格はオープン。同社のブルーレイレコーダー『ディーガ』やパソコンから取り込んだ動画や音楽を持ち出して再生できるメディアプレーヤーで、ワンセグやFMラジオの利用も可能。OSにAndroid 2.1を搭載し、Wi-Fi接続によりウェブブラウザなどネットに接続して動作するアプリが利用できます。5月には、NECビッグローブが運営するアプリマーケット『andronavi』からアプリをダウンロードできるサービスも開始予定。スマートフォンやタブレットとは少し異なるユニークなAndroid端末として注目できます。

3.5V型(854×480ドット)のタッチパネルディスプレーを搭載。スマートフォンやタブレットではmicroSDカードスロットを搭載しているのに対して、同製品はSDカードスロットを搭載しているのが特徴です。従来製品の『ディーガ』からは、SDカード経由で高画質またはワンセグ画質の番組を持ち出し可能。2011年2月発売のDLNA対応『ディーガ』では、家庭内の無線LAN経由で放送中の番組(地デジ、BS、110度CSデジタル)や録画済みの番組を転送できます。『かんたん自動転送』機能を利用すると、毎日決まった時間に『ディーガ』の録画番組を自動転送することも可能。

ウェブブラウザ、『YouTube』、メール、RSSリーダー、Podcast、サイマルラジオ『radiko』がアプリで利用可能。『Androidマーケット』には接続できないとのことですが、5月からNECビッグローブが同製品向けにアプリマーケット『andronavi』を提供し、各種アプリのダウンロードが可能になります。

バッテリー駆動時間が長いことも大きな特徴です。バッテリー容量は1450mAhですが、最大でワンセグなら約10時間、ビデオなら約12時間、音楽なら約50時間、『YouTube』なら約8時間の再生が可能。これは「ポータブル端末で培った省電力のノウハウを組み合わせて実現している」(同社)とのこと。これは他社のスマートフォンやタブレットにない強みといえそうです。

実は同製品のプレスリリースや製品サイトにはAndroid OSを搭載しているという記載はないのですが、同社広報に取材してAndroid 2.1を搭載していることを確認しました。今後のOSのバージョンアップについてはまだ検討中とのことで、Android端末というよりはメディアプレーヤーとして製品の特徴を打ち出していく意向のようです。同社は米国で1月に開催された展示会『2011 International CES』に、デジタルテレビ『ビエラ』と連携する『ビエラ・タブレット』の開発を発表しており、同社の家電製品との連携にフォーカスしたAndroid端末を今後も投入していくものとみられます。

本日から2月28日13時まで、同社のショッピングサイト『PanaSense』( http://club.panasonic.jp/mall/sense/open/ )で限定モニター販売を実施中。入札により販売価格を決定し、入札上限は2万6900円、下限は2万2400円となっています。

『SV-MV100』主な仕様
サイズ:W119.7×D14.7×H60.0mm
重量:約130g
内蔵メモリー:16GB
メモリーカード:SDメモリーカード(8MB~2GB)、SDHCメモリーカード(4~32GB)、SDXCメモリーカード(48GB、64GB)
本体電源:DC3.7V(バッテリー端子)、DC5.0V-500mA(USB端子)
バッテリー:リチウムイオン 3.7V 1450mAh
消費電力:1.1W
充電時間:約4時間30分(通常充電)、約5時間(エコ充電)
ディスプレー:3.5V型 854×480ドット
スピーカー:280mW(8Ω)
接続端子:3.0mW+3.0mW φ3.5mmステレオミニジャック、φ3.5mmミニジャック(アンテナ)、USB2.0 High Speed
ワンセグ仕様:UHF13~62ch、録画番組数 SDカード1枚あたり99番組 内蔵メモリー4095番組、予約録画番組数 最大12番組、録画ファイル形式 SD VIDEO準拠 320×240 15fps
ビデオ仕様:コーデック H.264/MPEG 4/WMV、画角 最大720×480、ビットレート 最大4Mbps
ラジオ仕様:FM 76.0~90.0MHz
音楽仕様:サンプリング周波数 32kHz/44.0kHz/48kHz、AAC方式/MP3方式/WMA方式、2chステレオ
写真仕様:再生可能ファイル形式 JPEGベースライン形式/DCF準拠/Exif2.2準拠/マルチピクチャーフォーマット(HDサムネール)対応、最大ファイルサイズ 10MB
無線LAN:IEEE802.11g/b準拠
カラー:ホワイト、ブラック

■関連記事
パナソニックがテレビと連動するAndroidタブレット『ビエラ・タブレット』の開発を発表
無料通話出来る凄いアプリ『Viber』のAndroid版がまもなくリリース!
『iPhone』との差が縮まる? 『Androidアプリ利用に関する実態調査』
『Skype for Android』が日本でも利用可能に! Android2.1以降を搭載するスマートフォンに対応
ハイエンドかつコンパクトなAndroid 2.2スマートフォン au『IS05』がお披露目

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP