ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゲーム『桃太郎電鉄』の終了をコナミが否定も さくまあきらさん「さよなら、桃鉄」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

6月2日、『桃太郎伝説』や『桃太郎電鉄』の生みの親として知られるゲームクリエーターの”さくまあきら”さん(@isetta_23)が



コナミから何の連絡もない。こんな調子でずっとほったらかされた。ここに桃太郎電鉄は、正式に終了します。すべてコナミの石川が握り潰しました。

とツイートした。人気ゲームシリーズ『桃太郎電鉄』(桃鉄)の終了宣言という衝撃的な内容にネット上は騒然となる。

さくまさんは

みんなが、コナミはもっとひどい会社だと、リツイートしてくる。共通してるのは、作品に対する愛情のなさ。ゲーム作れる会社じゃないことはよくわかった。

ともツイート。

一方、コナミことコナミデジタルエンタテインメントは6月3日に

『桃太郎電鉄』シリーズに関するお知らせ
http://www.konami.jp/osirase/150603/?cm_sp=01-_-oshirase-_-20150603[リンク]
というお知らせを出す。

『桃太郎電鉄』シリーズの制作について、お客さまにご心配をおかけしております。同シリーズは、多くのファンの皆様からご支持頂いていると共に、弊社も長年かけて育ててきた大切なタイトルですので、今後も続けて参りたいと思っております。次回作をどのような形で提供できるかについては、さくまあきら氏と話し合いを続けておりますが、残念ながらまだ結論が出ておりません。

とのことであるが、文中の「弊社も長年かけて育ててきた大切なタイトル」というところに、多くのゲームファンから「育てたのはコナミじゃなくハドソンじゃないのか」と反発の声があがった模様である。

翌6月4日には、さくまさんが



今回の一件は、「もっとコナミはひどい」のツイートがたくさん来たし「桃鉄は弊社が長年かけて育てたコンテンツ…」と、ゲームファンなら、誰も嘘と気づくようなことを平気で言える会社だと、みんなにわかってもらえて気がすんだ。さよなら、桃鉄。

とツイート。あくまで、さくまさんとしては「終了」とのことのようだ。桃鉄シリーズで日本地理を学んだという人も、結構多いのではなかろうか。なんとも残念である。

※画像は『Twitter』より引用

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP