ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デンマーク人の幸せな暮らしぶりに坂下千里子が驚愕 「信じられない! この家庭だけでしょ?」

DATE:
  • ガジェット通信を≫
デンマーク人の幸せな暮らしぶりに坂下千里子が驚愕 「信じられない! この家庭だけでしょ?」

3年前から国連が行っている「幸福度調査」で初代1位を獲得したデンマーク。最新版は3位に下がったとはいえ、常に上位を占める「幸せな国」だ。

調査は経済だけでなく、職業選択の自由や福祉などの面から総合的に見たもので、日本は残念ながらアメリカ・ドイツより低い46位。2015年6月1日放送の「未来世紀ジパング」(テレビ東京)は、デンマークの一般的な家庭を取材し、日本では考えられないほど恵まれた暮らしぶりを紹介した。
就業時間は午前9時から午後4時まで。残業ナシ

日本の九州と同じくらいの国土に、およそ550万人が暮らすデンマーク。医療費・学費がほぼ無料で、貧困格差もかなり小さい。首都コペンハーゲンで街頭インタビューすると、ほとんどの人が「心配事がないから毎日幸せよ」と話す。

色鮮やかな雑貨で世界的な人気を誇る「タイガー」の本社はここにある。女性の就業率が7割で、みな結婚後も仕事を続ける。夫と小学生の2人の子どもを持ち、コピーライターとして働くマレーネ・クリスチャンセンさん(40歳)もそのひとりだ。

マレーネさんは午後4時に退社。一般的な就業時間は午前9時から午後4時までで、残業も基本的にしない。家事も子育ても夫婦一緒に行うのがデンマーク式で、夫のクラウスさんも同じころ仕事を終えて、8歳の次男の学校へお迎えに行く。

その後、夫が夕食の買い出しと料理、洗濯物の片づけまで行い、子どもたちと共に食事を始めたのが午後6時半。ふだんは家族4人で食事するが、この日は妻がフィットネスジムからまだ戻っていなかった。子どものお迎えなどは交代で行っており、この日は夫の担当。彼は幸せをこう語った。

「仕事は楽しいし、プライベートで自由な時間も十分あるし、足りないものがないっていうかな」

高い政治参加意識。投票率は「低くても85%」

VTRを見てゲストの坂下千里子さんは「信じられない! この家庭だけでしょ?」と驚いていたが、一般的な家庭の日常だという。番組ナビゲーターで立教大学経済学部教授の山口義行氏はこう解説した。

「夫だけ14時間働くのではなく、夫婦で7時間ずつ働いて同じ額を得られれば、結果的に労働時間の短縮になります」

この結果、家族の時間が増えて少子化対策にもつながる。日本と出生率を比較してみると、日本はこの40年下がり続けているのに対し、デンマークも少子化に悩む時期があったが、1983年からぐっと上がっている。

これは、妊娠検査から出産費用まで無料にし、4か月の出産休業や両親どちらかの8か月育児休暇など、国をあげて法整備をした結果だ。もちろん、前述の働きやすい環境も大きく関わっている。

「これ」と決めたら実行し、効果を引き出すまでのスピードが速いのはなぜか。山口教授は、「国民の政治参加の意識が高いからだと思う」と私見を述べた。投票率が低い時でも85%と高く、投票に行かない方がおかしいという雰囲気があるという。
消費税は25%、収入の7割は社会保障費で引かれる

山口教授は、デンマークの税金の高さも紹介した。国民の社会保障費の負担率は70%と収入の大半を税金にとられ、さらに消費税が25%。自動車は消費税に加えて登録料が100%以上かかり、車を持つなと言っているようなものだ。

移動には自転車が推奨され、自転車に乗りやすい徹底した都市計画を実行し、CO2削減や市民の健康増進につなげている。高い税率を除けば何から何までうらやましいが、納得できる福祉の充実があれば、それすら嫌がることはないと思える。

日本の20分の1の人口、北海油田に由来する産油国といった条件の違いはあるが、デンマークの人たちは、何もしないで国が「うまいことやってくれる」のを待っていたわけではない。丸ごと真似できるワケではないが、不満を言うだけでなく、まずは政治参加意識を高く持つことが大切だと感じた。(ライター:okei)

あわせてよみたい:休めないのに「育児休暇」とはこれいかに
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。