ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

貝出汁にこだわった『貝塩』ラーメンを食す! @神奈川県相模原市『貝ガラ屋』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

貝で出汁を摂る新世代のラーメンと呼ばれる「シェルラー」(シェルラーメン)で有名な『貝ガラ屋』が期間限定の

『貝だし塩ラーメン』

の第一弾をやるそうなので、早速チェックしに行ってみました。今回のコンセプトは

「貝だし・スープをストレートに味わえるように、あまり旨味を加えず蛤と浅蜊でシンプルなタレに仕上げました。」

との事で、その名もシンプルにズバリ

『貝塩』

だそうです。常に新しいラーメンを模索する店主なので、これは期待が高まります。

※すべての画像が表示されない場合はこちらからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/979848

いつの間にか混んでいる『貝ガラ屋』

最近は色々な方面へ遠征しているので、意外と久しぶりな感じの『貝ガラ屋』ですが、まさかの行列で御座います。

ここ最近は、結構「材料切れ」で早仕舞いってパターンもあるので、やはりジワジワと人気が出て来ていると言う事でしょうか?

この日は限定20食の『貝塩』なので、ソレ目当ての遠征組が居るとしても、この人気はキテますね。

っていうか、むしろ20食とかオープンして小一時間で終了な予感です……

幸いにも筆者は限定の『貝塩』を食べる事が出来ましたが、もしも次回の限定ラーメンを狙うなら、開店前には並んでおかないと食べられないと思われます。

20食限定の『貝塩』(730円)を食す!

さして店の外観や内装を語る事もなく、サクッと実食に移ります。

まず、盛り付けですがコレはいつもと同じ構成ですね。

「みつば」「チャーシュー」「浅蜊」「シナチク」「ネギ」

となっております。かつての『汁なしイプサ』だった時から、盛り付けの美しさには定評がありましたが、さらに洗練された感じです。

チャーシューは低温調理で仕上げる!

『貝塩』で使われるチャーシューも、いつもと同じ「低温調理」で仕込まれた豚の肩ロースです。

「低温調理」で作るチャーシューは、パックされて湯煎と言うか「低温」で加熱されるので、豚肉の持つ旨みが湯やスープなどの液体に流れ出さず、素材本来の旨みが強く残る事にあります。

写真で見るとチャーシューが赤っぽいので「大丈夫かな?」と思うでしょうが、まったく問題ありません。

「低温調理」は、このように仕上がる調理方法なのです。

さらに『貝ガラ屋』では、盛り付ける直前に電子レンジで温めている点も見逃せません。

麺は『菅野製麺』に特注した新しい細麺を合わせる!

貝出汁のスープに馴染むように、より細く滑らかな面を『菅野製麺』に特注した麺を使っています。

確かに従来の麺よりも細く、コシのある麺に仕上がっていると思いました。

まだ構想の段階ですが、この新しい細麺を使って夏に向けて『貝の細つけ麺』や『牡蠣の冷やしラーメン』なども考えているらしいので、今から楽しみです。

洗練された『貝塩』のスープ

とにかく「貝出汁」にコダワり過ぎて、いきなり店名を変えるくらいの店主なので、かなり「貝出汁」の研究を重ねている事が伺えますね。

冒頭にも書いたように、今回は限りなくシンプルな「塩味」を目指したそうで、確かにラーメンとして非常にシェイプされた印象を受けます。

ラーメンに限らず料理全般、同じ事が言えるのですが、材料を足すよりも、減らす方が難しいのです。

醤油ラーメンよりも塩ラーメンの方が、よりスープの味をダイレクトに感じるので、今回は材料を厳選してシンプルながらも力強いラーメンに仕上げたのだと思います。

『貝塩』 総評

話題の貝出汁を使った「シェルラー」の中でも、実力店と呼べる『貝ガラ屋』が本気で作った『貝塩』は、まさに

「これぞシェルラーだ!」

と呼べる逸品です。しいて言うなら「限定」過ぎて、なかなか食べられないのは残念ですが、常に新しいラーメンを提供してくる『貝ガラ屋』には、筆者も非常に期待しています。

若干、今回の『貝塩』に関しては「ショッパイ」との話もありますが、筆者的には塩ラーメンとして妥当な塩分濃度だと思います。

確かに醤油と違って、塩の方がダイレクトに来るので、あまり塩ラーメンを食べない人には、ちょっと違和感があるかもですけどね。

今回は「第一弾」と言う事で、あっという間に終わってしまいましたが、当然「第二弾」も考えてあると思うので、今から楽しみです。

普通に「いつもと違うラーメンが食べられる」と言うのも楽しみのひとつですが、店主が前回の「塩ダレ」にどんなアレンジを加えてくるのかなど、食べ比べる事で『貝ガラ屋』の方向性が見えてくるのも、マニアにとっては嬉しいポイントになるでしょう。

「第一弾」は限りなくシンプルに作ったので、ここからの変化が非常に楽しみです。

あと、あまり絶賛するだけだと嘘くさい記事になるので、普通にお金を払って訪れている「一人の客」の要望として、あえて言おう!

「限定20食じゃ少な過ぎるだろ!!!」

いや、30食でも余る事はないと思うのですが、どうなんでしょうか? 結構遠くから遠征に来る人達も少なくないので、次は30食くらいお願いしたいですね。

ちなみに今回は「限定ラーメン」に絞りましたが、何気にレギュラーメニューの『貝だしラーメン』や『濃厚牡蠣つけ麺』もレベルが高いので、是非とも食べてみて下さい。

「シェルラー」の魅力にハマる事、間違い無しですよ!

『貝ガラ屋』

住所   神奈川県相模原市中央区 淵野辺本町3-24-3
     マンション色利 101

営業時間 11:30~15:00 18:00~21:00

定休日  月曜日

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP