ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

「感情的なナショナリズムでは議論にならない」 ホリエモン 『朝生』出演者を批判

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
horie

 フリーランス・雑誌・ネットメディアの有志らが「自由な言論の場」を作ることを目的として設立した「自由報道協会(仮)」は2011年2月7日、堀江貴文氏(元ライブドア社長)への共同インタビューを開催。インターネットメディアなどがこの模様を取材し、報道した。インタビューで堀江氏は、テレビ番組『朝まで生テレビ』での中国に関する発言がネット上で物議を醸している件について「尖閣諸島問題で政治的空白が生じては、差し迫って重要な課題に対処できなくなる」と語った。

 堀江氏は、2011年2月4日放送のテレビ朝日系『朝まで生テレビ』で、「中国や北朝鮮が日本に攻めてくるわけがない。何のために攻めてくるのか」と発言。これに、評論家の金美齢氏は「北朝鮮は暴発することがあるし、中国は現に台湾を飲み込もうとしている」と反論した。

 また、「尖閣諸島を明け渡しちゃえばいいじゃない。何か問題ありますか」という堀江氏の発言には、慶應義塾大学講師の竹田恒泰氏が「いくらでもありますよ。国土が侵されることですから」とすかさず反論。他の出演者からも「現実主義の堀江さんにしては認識が甘いな」、「あまりにも知らなさ過ぎるよ」と堀江氏の認識不足を指摘する声があがった。

■ 「尖閣問題で政治空白が生じることを危惧」

 堀江氏の一連の発言はTwitterなどインターネット上で話題となり、その主張に賛同する声があがる一方、国防・安全保障といった観点から批判的なコメントも数多く見られた。

 これらに対し、堀江氏は自由報道協会が開催した共同インタビューで自身の考えを改めて明かした。「自由報道協会」事務局暫定代表でジャーナリストの上杉隆氏は、開会の挨拶を終えた直後に、『朝まで生テレビ』での発言について質問。堀江氏の尖閣諸島に対する認識を問うと、堀江氏は「一番危惧しているのは、尖閣諸島問題で政治的空白が生じ差し迫って重要な課題に対処できなくなること」と、この問題が政治を混乱させていると指摘し、尖閣諸島に固執していては国益を損なうと強調した。

 また「現実問題、中国が沖縄を占領したら国際世論は黙っていないだろうし、中国も他の国と取引が困難になり経済的に立ち行かなくなる」と、コストを考えれば中国による侵略は現実的ではないという持論を展開した。『朝まで生テレビ』で討論した出演者に対しては、「感情的なナショナリズムみたいなところに完全にいっちゃってる人も多いので、まあ議論にならなかった」と、語気を荒げた。

堀江貴文氏 共同インタビュー(主催:「自由報道協会(仮)」設立準備委員会)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv39725945#05:55
(番組はタイムシフト機能で2011年2月14日まで視聴できる)

(三好尚紀)

【関連記事】
「誰もが参加できる記者会見を」 フリージャーナリスト上杉氏、小沢一郎会見で
宮崎哲弥「ウィキリークスで”国の統治のあり方”すら変わる」
「こんな才能あったのか!」ミュージカルで歌って踊るホリエモン、案外高評価

ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。