ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『じっくりコトコト こんがりパン』と『カラムーチョ』がコラボ! ホットチリ味×カリカリ食感がたまんねぇ!!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ポッカサッポロの『じっくりコトコト こんがりパン』と湖池屋の『カラムーチョ』、人気のスープとスナックがコラボレーション。5月25日より『じっくりコトコト こんがりパン カラムーチョスープ カップ』、『じっくりコトコト こんがりパン カラムーチョ ホットチリ味』『じっくりコトコト こんがりパン カラムーチョ スパイシーカレー味』が発売されます。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLよりご覧ください。
http://getnews.jp/archives/968095

カリカリ・ピリ辛でめちゃうま!! 『じっくりコトコト こんがりパン』×『カラムーチョ』 

今回の『じっくりコトコト こんがりパン』×『カラムーチョ』は湖池屋×ポッカサッポロのコラボレーション企画第2弾。まずは『じっくりコトコト こんがりパン カラムーチョスープ カップ』から紹介していきましょう。

『じっくりコトコト こんがりパン カラムーチョスープ カップ』は『カラムーチョ』の味わいを再現したホットチリスープ。

具材は“こんがりパン”と“ポテトクルトン”です。お湯を注ぐ前からまるで『カラムーチョ』の袋を開けたかのような香り。

スープはかなり濃厚。トローリとしています。野菜の旨味がふんだんに感じられつつも、『カラムーチョ』の刺激がしっかりと再現されていて、おいしいスープとしてまとまっていました。

具材の“こんがりパン”はスープとよく絡んで、食べ応えばっちり。“ポテトクルトン”は柔らかくならず、サクサクしたままなので、『カラムーチョ』のスナック感が表現されているようでした。ちょっとジャンキーな感じが、B級グルメ感MAXでハマりそうです。

お次は『じっくりコトコト こんがりパン カラムーチョ ホットチリ味』『じっくりコトコト こんがりパン カラムーチョ スパイシーカレー味』。

こちらはスープではありません。“こんがりパン”に『カラムーチョ』のフレーバーがついたパンスナックです。お間違えないように。

ほら、パッケージの“ヒーおばあちゃん”こと本名・森田トミさんもこう言っています。

「本物のパンがカラムーチョになったんじゃ~!」

早速『カラムーチョ』の定番の味、“ホットチリ味”からいただきましょう。むむ!? 素材がポテトから“こんがりパン”になっただけで、こうも味わいが変わるのか!

確かにフレーバーは30年の歴史をもつ『カラムーチョ ホットチリ味』そのものなのですが、パンの香ばしさと甘さで刺激がマイルドに。普通の『カラムーチョ』はちょっと辛すぎるという方にもオススメです。

『じっくりコトコト こんがりパン カラムーチョ スパイシーカレー味』は、ピリッとスパイシーなフレーバー。カレーパンにも似た味わいです。

どちらの味もカリカリとした食感と相まって、やみつきになるおいしさ。食べだしたらポイポイ口に運んでしまうこと間違いなし。クルトン代わりにサラダやスープのトッピングにするのもアリかもしれません。

商品概要

商品名:じっくりコトコト こんがりパン カラムーチョスープ カップ
価格:160円(税別)
内容量:29.5g
発売日:2015年5月25日(月)
販売地域:全国

商品名:じっくりコトコト こんがりパン カラムーチョ ホットチリ味、スパイシーカレー味
価格:150円(税別)
内容量:32g
発売日:2015年5月25日(月)
販売地域:主に全国のコンビニエンスストア

公式サイト

ポッカサッポロ じっくりコトコト
http://www.pokkasapporo-fb.jp/jikkuri/[リンク]

湖池屋 カラムーチョ
http://koikeya.co.jp/museum/karamucho/index.html[リンク]

Nagaya Ayakaの記事一覧をみる ▶

記者:

若いうちはなんでもやっとけー! とがむしゃらに生きている20代女です。 趣味は旅行と読書、創作活動、そして酒。夢中になると大変なことになるので、いつも控えめに過ごしております。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP