ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

夜間走行にイルミネーション 自転車ホイール用LEDライト『MONKEY LIGHT』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

MONKEY LIGHT


32色のイルミネーションにきらめく自転車で夜のサイクリングはいかが? センチュリーは、米・モンキーレクトリック社の自転車ホイール用LEDライト『MONKEY LIGHT』を、同社リテイル事業『白箱.com』にて発売しました。販売価格は5980円(税込み)。

MONKEY LIGHT

『MONKEY LIGHT』は、32色の高光度LEDを搭載した自転車ホイール用のイルミネーション板。自転車のスポーク部分に取り付けて点灯させるとホイールを鮮やかに彩ります。基本の発光パターンは『ジグザグ』『睡眠』『瞬間移動』など9種類。また、『SPEED』『COLOR』『PATERN』が設定可能なコントロールボタンを搭載し、カラーや点灯速度、基本パターンを組み合わせて30種類のバリエーションをカスタマイズできます。

MONKEY LIGHT

スポーツサイクル、シティサイクルなど幅広い自転車に対応しており、単3電池3本で駆動。本体は、高強度ファイバー複合構造で、極度に悪天候出ない限り雨の日も使用できる防滴仕様が施されています。夜間走行で使用すれば、車からの視認性を高める安全グッズとしても活用できそうです。

MONKEY LIGHT

サイズはW160×H110×D22mm、重さ65g(乾電池除く)、20インチ以上のホイールで、16~40本のスポーク数で設置可能。固定ゴムバンド(黒)×4、結束バンド(黒)×4が付属しています。
 
 

■関連記事
【TOYフォーラム2011】ジオン公国のモビルスーツを生み出したジオニック社がモチーフの“ザクチャリ”が登場
【シェアな生活】Cycle&Music 僕はプラスマイナスゼロでいい――『レンタサイクルかりおん』柴山竜介さんインタビュー(2/2)
【シェアな生活】駅前の一等地12坪を540人でシェア――『レンタサイクルかりおん』柴山竜介さんインタビュー(1/2)
自転車に乗るのが楽しくなる! ハンディGPSマップ『ATLAS ASG-CM21』を使って快適な自転車ライフを!
極小サイズ 潜水撮影もツーリングも自分目線で撮れるデジタルビデオカメラをロジテックが発売へ

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。