体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いざ飲み比べ! キリンビールから地域限定の一番搾りが9種類発売!

all

一番搾りでお馴染みのキリンビールが、5月19日より日本全国にある9つ工場で地元生まれの一番搾りを生産・発売する。発売に先駆けて、5月18日に東京・渋谷にある『キリン一番搾りガーデン Brewer’s Spirit 東京店』にて9種類の一番搾りを飲み比べできるプレス向けイベントが開催された。イベントでは、それぞれのビールについての説明があり、9種類の一番搾りの飲み比べや地元の食べ物との食べ合わせ体験などが行われ、一番搾りや地元を愛する醸造所の様子がよくわかるイベントであった。

キリンビールの醸造所は、北海道千歳工場、仙台工場、取手工場、横浜工場、名古屋工場、滋賀工場、神戸工場、岡山工場、福岡工場の9工場。北海道から九州まで、全国各地に工場があり、それぞれが地域の風土に合わせた一番搾りを醸造していた。

記者も9種類の一番搾りを飲み比べてみたので感想とともにお届けする。

地元生まれの一番搾り 一挙9種類飲み比べ

IMG_7966

北海道千歳工場

hokkaido

北海道の一番搾りは、夏の大自然をイメージしたという爽やかな味。北海道産の米を使用した澄み切った味わいが特徴的だ。ビールの相方として定番の鶏のざんぎと合わせて頂いたが、揚げ物の油をスッと流してくれるような、スッキリして飲みやすい一番搾りだ。

hokkaido

仙台工場

sendai

仙台工場は、東北産ホップをふんだんに使用した華やかな味。また、宮城県産のササニシキを使用しており、後味もスッキリしている。気仙沼秋刀魚の冷やしアヒージョと一緒にいただくと、ビールがまるでワインのように香る好相性であった。

sendai

取手工場

toride

実は日本一の生産量を誇る農産物の多い茨城県からは、豊かな食材に負けない味を目指した取手醸造所の一番搾りが誕生。通常より多い5.5%のアルコールと、柑橘系のホップが香るフルーティなビールとなっている。れんこんをたっぷりのチーズ、ソーセージと合わせてカレーソースにあえたカリーブルストと一緒にいただくと、香りの強いカレーとの相乗効果でより高く香るビールであった。

toride
1 2 3次のページ
srbnの記事一覧をみる

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。