体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ヘッドフォン男子に超オススメ! AKGのロゴがCOOLな『Y50』が安くなってた件

akg-5

みなさんは外出中に音楽を聴く時に何を使っていますか? やはり携帯性からイヤフォンを使う人が多いと思うのですが、筆者はヘッドフォン派です。

無論、数万円もする高級な「カナル型イヤフォン」は良い音ですが、やはり音質で言えばイヤフォンよりもヘッドフォンに分があります。

せっかく人生の限りある時間の一部を使って音楽を聴くのですから、どうせならば良い音で聴きたいものですよね。

そして、通勤中に使うとなると音漏れの少ない「密閉型ヘッドフォン」を選ぶ事になるのですが、この手のアイテムは本気で聴く人向けの商品なので、大きさもデザインもゴツい奴が主流でした。

しかし、ここ数年でヘッドフォンのデザインも「実用性重視」の物から「選べるデザイン」に変わりつつあります。

従来は「密閉型ヘッドフォン」を使う人は少数派で、どちらかと言うとオーディオマニアが多かったのです。なので、デザインも似たり寄ったりの製品が多かった為に、あまりデザイン先行で選ぶ人は居ませんでした。

しかし、最近はオシャレなデザインの製品も増えて来たので、意外と女子の着用率も上がって来たように思われます。

と、言う訳で今回は筆者のイチオシ「密閉型ヘッドフォン」AKGの『Y50』を紹介してみましょう。

akg-1

プレミアムDJスタイル・オンイヤーヘッドホン『Y50』

発売当初から、そのビビットなデザインにヤラれた筆者ですが、いつの間にか価格もぐっと下がって「お買い得感」が出てきました。

「これは筆者的には買わざるを得ない!」

と、言う訳で半ば衝動的に買ってしまった『Y50』ですが、やはりコレは良いモノですね。

とりあえず「デザイン先行」で買ったので、まずは外観からチェックしてみましょう。

akg-9

AKGのロゴがカッコイイ『Y50』

やはり、一番最初に目に飛び込むのは『AKG』(アーカーゲー)の大きなロゴでしょう。

「俺は『AKG』で聴いてるんだぜ!」

ってドヤ感を世間様にアピールしつつも、ヘッドフォンとしてのデザインは至ってシンプルで実用的。
しかし、さらに良く見るとネジの部分やハウジングのメッシュも「Y」だったりして、細部までコダワッテいるのが『Y50』なのです。

若干、このネジは個人でメンテする時にドライバーで回せるのか不安になる案件ですが、きっとどうにかなるのでしょう。

この手のファッショナブルなヘッドフォンは、どうしても「女子向け」なデザインの製品が多いのですが、この『Y50』はデザインもシンプルなので男子的にもOKだと思います。

特に「ブラック」はマット調(つや消し)になっているので、非常に渋いヘッドフォンだと思います。
このデザインならアラフォー世代の「おっさん」が使っても許される気がしますね。

akg-4

意外とコンパクトに持ち運べる『Y50』

いや、そこは正直に言いますと、お世辞にもコンパクトではないかもです。嘘つきました。ゴメンなさい。

しかし、ハウジングの部分がグルっと回転するので、思ったよりもコンパクト、もとい「薄くなる」ので意外と収納性は良好かと思われます。

この『Y50』よりも小さいサイズのヘッドフォンならば、より携帯性は高まると思うのですが、やはり「音質を犠牲にしたくない」と考えた場合、この『Y50』くらい大きさになると思います。

akg-3
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy