体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ペニーオークションでサクラやbotが使用されている証拠

N-Styles

今回はブログ『N-Styles』からご寄稿いただきました。

ペニーオークションでサクラやbotが使用されている証拠

これまでの流れは関連記事をお読みください。
関連記事1:怪しげなオークションサイトに気をつけろ(前編):ペニーオークションの問題点『N-Styles』
http://n-styles.com/main/archives/2010/06/24-052500.php
関連記事2:怪しげなオークションサイトに気をつけろ(後編):ペニーオークションサイトも騙されている『N-Styles』
http://n-styles.com/main/archives/2010/06/24-053000.php
関連記事3:ペニーオークション情報は嘘だらけ。全部詐欺サイトと思ったほうが安全『N-Styles』
http://n-styles.com/main/archives/2010/10/01-065555.php
関連記事4:次々と閉鎖するペニーオークションサイト『N-Styles』
http://n-styles.com/main/archives/2011/01/12-054535.php

おさらい
以前の記事全部に目を通してもらったほうが確実だが、とりあえずこの記事だけでも内容がわかるように簡単にペニーオークションの説明をしたい。

一般的なオークションでは、場を提供するサイトは手数料で収入を得て、出品者は要らない物を処分して収入を得て、落札者は自分の希望する価格で商品を手に入れられる。

ペニーオークション(ペニオク)では、サイト運営者=出品者なのでどちらかというとショッピングサイトに近い。低価格でスタートした商品に対して入札するたびに手数料を取られる。最後に入札した人が商品を購入する権利を得るが、入札のたびに延長されるので競り合っている間は値段が上がり続け、手数料が支払われ続ける。

手数料が75円のサイトが多いが、1入札で1円上昇の設定の場合、1万円の商品を1000円で落札されてもサイトは7万円以上の手数料収入を得る。落札できなかった人は手数料だけ取られてしまう。

仕組み上、サクラ(運営者による入札)、bot(システムに組み込まれた自動入札ユーザー)が存在すると、一般参加者は落札が不可能になり、ペニオクサイトは商品を用意する必要すらなくなってしまう。完全な詐欺行為だが、これを外部から見破ることは困難である。

さて、ここからが本題。

先日、閉鎖したペニオクサイトを探していたら、検索結果に気になるものが出てきて、それを解析したところペニーオークションでサクラの証拠が出てきた。

謎のログを取得
出てきたのは下の画像のようなデータだ。

ペニーオークションでサクラやbotが使用されている証拠

http://n-styles.com/image/nok_01.PNG

実際にはHTML形式で普通にブラウザで閲覧できる状態になっており、『Google』の検索結果にそのまま表示されていた。

記録されていたのは“日時”、“ユーザー名と思われる文字列”、“何らかのコメント”の3項目で、複数ページに分割されていたが、2843行を取得することができた。それを表計算ソフトに落とし込んだのが上の画像だ。

その後、システム側で対策されたようで現在は閲覧できない状態になっている。サーバ設定の誤りかシステムの不具合で、本来公開されるはずのない情報が公開されていたのだと思われる。

私には特定のペニーオークションサイトそのものが問題だと考えており、昨年からその危険性を告知するのが目的で今回のような記事を書いている。特定のサイトを潰す意図はないので、ユーザー名は伏せて、文字列の部分も若干加工している。

さて、これは何のデータだろうか?

サイト上のデータと照らし合わせると、“所持する入札コインが追加された日付、追加されたユーザー、追加された理由”であると考えて間違いなさそうだ。ペニーオークションサイトでは、クレジットカード経由で現金を仮想通貨(コイン)に替えてオークションに参加する仕組みとなっている。

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。