ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【発売前レビュー速報】日清『カップヌードル』の『コロ・チャー』はヤバい美味さ!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


4月20日に日清食品から装いも新たに発売予定の、『カップヌードル』の『コロ・チャー』ヴァージョンをいただきました。以下、写真をまじえたレポート形式でその食感をご紹介していきたいと思います。楽しみ~~!

「新・うまい! カップヌードル」と銘打たれた『カップヌードル』は具材強化を中心に、開発が行われたとの事。一番の特徴はこれまでにもご紹介したように、『コロ・チャー』の存在。


先日発売になったカロリー控えめ『「カップヌードル ライト』と従来の『カップヌードル』と並べながら、具材にスポットを当てつつ見ていきましょう。通称「謎肉」こと『ダイスミンチ』に対するネットコミュニティーでの評判は既に折り紙付き。慣れ親しんだ味に対するこだわりの声が、あちこちで聞かれました。

まずは気になる見た目からの比較をしていきましょう。従来の『ダイスミンチ』と『カップヌードルライト』の『ダイスミンチ』については、見た目上、あまり差がわかりません。若干、表面の調味料の色が違うのかな?という程度です。


『コロ・チャー』は乾燥時の見た目からすでに違うことが明らかでした。『ダイスミンチ』にはなかった、繊維状の組織がみてとれます。

他の具材については、見た目上の大きな違いは見られませんでした。気になる味を調べるべく、調理へ。いつものように沸騰したお湯を用意し、注いで3分待ちます。はやる気持ちを抑え、ふたを開けるといつものいいにおいが。あー、たまらん。

プリッとしたエビにふわふわのたまご。そして、そして、『コロ・チャー』。


その味や、いかに??


「パクっ!モグモグモグ…」

違う。いい意味で、全く違います!今までの『ダイスミンチ』の良さに未練はあれど、個人的に『コロ・チャー』やばいです。美味い!お肉の良い食感を見事に生かした具材です。噛むほどに、スープのうまみを吸ったお肉の味が口の中に広がる幸せ。
他の編集部員も、その食感に驚きでした。

「肉そのものじゃないか」「うわ。全然今までと違う」「これだけ集めてほおばりたい!」

じゃ、もう、「謎肉」は入ってないの?とお嘆きの『ダイスミンチ』ファンの皆さん、ご安心ください。比率は違えど、あの食感のお肉も入っていたのを確認しましたよ。(形状は多少違いましたけど、食感は『ダイスミンチ』でした。)

比較用に用意した『カップヌードルライト』と『カップヌードル』の『ダイスミンチ』と交互に食べ比べながら、新たに登場した具材『コロ・チャー』の味をかみ締めました。

是非みなさんも、お店で見かけたらこの食感、試してみてください。


ごちそうさまでした!

すべての写真が表示されないときはこちらへどうぞ

『ダイスミンチ』、カップラーメンに関する記事はこちらにも
【日清さんに聞きました】カップヌードルの “昔の” 肉の名前が判明!
【たべものレビュー】インスタント焼きそば『サッポロ一番 男の焼そば 極太硬麺』
【発売前レビュー】インスタントラーメン『匠 香味だし塩』
【発売前レビュー】インスタントラーメン『とろとん』
【発売前レビュー】インスタントラーメン『二刀流 濃厚からみ味噌』

オサダコウジの記事一覧をみる ▶

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。