体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ハイエンドかつコンパクトなAndroid 2.2スマートフォン au『IS05』がお披露目

ハイエンドかつコンパクトなAndroid 2.2スマートフォン au『IS05』がお披露目

KDDIは、2011年春モデルのタッチ&トライイベントを報道機関向けに開催。昨年10月の発表会ではモックアップのみの展示だったシャープ製のAndroidスマートフォン『IS05』の実機をお披露目しました。出荷時にAndroid 2.2を搭載し、先行して発売された『IS03』と比べてコンパクトなスマートフォン。その特徴を実際に見て触って確認してきました。

※すべての画像が表示されない場合はこちら(http://getnews.jp/archives/93649)をご覧ください。

カジュアルかつハイエンドな仕様

女性でも持ちやすいコンパクトサイズ

『IS05』は、女性ユーザーも意識したカジュアルなスマートフォン。『IS03』と比べた主な特徴は(1)カラフルでコンパクトな本体(2)Android 2.2をプリインストール(3)インカメラの搭載(4)バッテリー容量のアップ――が挙げられます。

発表時には、CPUに800MHzの『Snapdragon』を搭載し、1GHzの『IS03』に対して低価格で提供することが想定されていましたが、説明員の方によるとCPUは当初予定していた『Snapdragon』の『MSM7630』(800MHz)から『MSM8655』(1GHz)へクロックアップして提供を検討しているとのこと。これにより、春ごろと発表している発売日がずれ込むことはないものの、価格面でどうなるかは未定とのこと。展示中の端末は800MHzのCPUを搭載したものでした。

「@ezweb.ne.jp」のEメール、デコレーションメール、『おサイフケータイ』、ワンセグ、赤外線通信など、『IS03』で目玉となった従来の携帯電話向け機能のほか、『Skype au』『LISMO!』『au one Market』などau独自のサービスにも対応します。クロックアップの理由としては「商品力を向上するため」(説明員)と説明していることから、機能面ではハイエンドのまま、男性だけでなく女性にもアピールする端末という位置づけになりそうです。

ストラップも付く本体

ディスプレー側で3色を比較 背面側で3色を比較

本体カラーは、ホワイト、ピンク、グリーン×ブラックの3色。ピンクはメインカラーとして打ち出しており、女性向けに強くアピールしそうですが、ホワイトやグリーン×ブラックは男女ともに受け入れられるカラーといえるでしょう。

ストラップホールが付属します

ストラップホールも付属。従来の携帯電話からの乗り換えユーザーには意外に重視される仕様を盛り込んでいます。
※18:30 追記
当初『IS03』にストラップホールがないと記載していましたが、『IS03』にもストラップホールは付属しています。お詫びして訂正させていただきます。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。