体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パクリブログ騒動でついにサイバーエージェントがブログを削除 パクリ側は謝罪なし

無断転載パクリブログ事件のまとめ(Webクリエイターボックス)

昨日報じたパクリブログ騒動はご存じだろうか。他人のブログの文章だけでなく画像までもそのままパクるブログが存在し数々のブロガーが激怒しているという。それだけではなく画像に至っては元のブログサイトから直リンクにより画像を持ってきているので相手のサーバーに負荷を与えるという始末。

これに対抗したのが被害者ブロガーのひとつ『Webクリエイターボックス』である。画像を直リンクされていることを逆手に取り、画像を無関係な落書きに書き換えてしまったのだ。もちろん画像直リンクなのでパクリブログ側も無関係な落書きに書き換わってしまう。元のブログはその画像とは別の画像に差し替えて対応という巧妙な手口で対応したのだ。

これだけでなく数々の被害者がブログを運営しているアメブロ(サイバーエージェント)に通報したとのことだ。サイバーエージェントに問い合わせたところ、既に数件の通報が来ており削除するかどうか検討中との回答が得られた。

そんな通報を受けてか『もしも私が総理大臣だったら・・・』は削除されており、既に閲覧することができない。さすがに著作権侵害以外のなにものでもないと、判断したのだろう。

しかしパクリブログの管理人からは一切の謝罪もなく普通に『Twitter』に投稿している始末。彼は「北海道札幌市の起業家。巷ではメディアの仕掛け人」ともプロフィールに記載しており、どのような人物なのか全く不明。

ちなみに『Webクリエイターボックス』さんが今回の件を分かりやすく解説しているのでそちらを参照すると良いだろう。また下記に流れが分かりやすい動画を掲載しておいたので、そちらを見ると良いかも。

※動画が見れない方はこちらからご覧ください:http://getnews.jp/archives/93621

無断転載パクリブログ事件のまとめ(Webクリエイターボックス)

・リンク一覧
ライブドアの業務を支えている3つの社内ツール
オリジナル
パクり

2011年、押さえておきたいウェブデザインの11のトレンドとテクニック
オリジナル
パクり

Web屋さんのための新年の抱負アイデア24
オリジナル
パクり

1 2次のページ
ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会