ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

産経新聞「麻生がまた誤読した」と報道するも誤読ではなかった! 該当記事は削除

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ここ最近、『朝日新聞』や『テレビ朝日』などの報道機関による不祥事が続いているが、『産経新聞』も信用を無くしかねないミスをしてしまった。

4月10日、麻生首相は天皇・皇后両陛下のご結婚50年祝賀行事に参加して祝辞を述べたが、産経新聞は同社のサイトにて、その祝賀の言葉のなかに誤読があったと報道した。「弥栄(いやさか)」と言うべきところで、「いやさかえ」と言い間違えたというのである。しかし、「いやさかえ」が正しく、麻生首相は何も間違っていないし、天皇・皇后両陛下に対して、なんら失礼なことをしていなかったのである。

このことはブログや『2ちゃんねる』などで大きな話題となっており、特に “何の謝罪もなく記事を削除したやり方” に対して非難轟々(ひなんごうごう)という状態である。そう、産経新聞はその記事を何の前触れも告知も謝罪もなく、削除して済ませたというのである。人の “あげあし” をとるような記事だっただけに、自分の “あげあし” をとられるような記事はすぐに消したかったのだろうか? ということで、当編集部はさっそく産経新聞社に電話をして真相をうかがった!

日本を代表する新聞の産経新聞さんが間違った情報を掲載するのはどうかと思うのですが、それを謝罪もなしに削除するのはまずいのではないでしょうか?――そんな質問に産経新聞社は「本日は休刊日ということもあり、政治部の者が誰もいないみたいなんですよ。明日、改めて電話していただきたいのですが」とのこと。うむむむ! 情報をいち早く伝える記者が新聞社に一人もいないとは。

しかし、紙媒体やネットで広く報道している産経新聞には、報道した内容に関して説明責任があるはず。そこで、誤読ではないのに誤読として誤報を流してしまったことについて、謝罪や告知もなく記事を削除して終わるのは乱暴なのでは? という質問を投げてみたところ、「私はペーペーなので、会社としての言葉を申し上げる立場にないんですよ。申し訳ありません」と返答。一部の記者が誤報をすることで、電話対応をしたような同社のスタッフすべての人たちに迷惑がかかることを考えると、これは大きな問題である。

政治部の直通電話を聞くため、もう一度産経新聞社に電話をしたところ、「うーん、ここから政治部が見えますが、誰一人としていないんですよ」とのこと。また、政治部の直通電話に関しては「代表からまわしてもらっていただけますか?」と軽く流されてしまった。この問題、まだまだ続きそうである(このニュースの元記事はこちら)。
 
イラスト: 見ル野栄司
 
 
こんなマスコミやエンタメの記事もあります
朝日新聞社の委託記者が奇行! 対局中のサイン要求に将棋・羽生名人タジタジ
『ターミネーター4』未公開画像が解禁! 全4画像をドーンと掲載!
WBC日本に対するカストロ元議長の言葉はウソ!? 本物の議長の言葉を独占入手!
【ぶっ通し6時間インタビュー】芸能記者の仕事! 記者X氏に聞きました(前編)
経費が1800万円!? 人気漫画家が原稿料と印税を暴露!

カテゴリー : ガジェ通 タグ :
hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。